着服の行政書士 再逮捕へ

函館市の行政書士が財産の管理を委任されていた女性の口座から現金を引き出したとして逮捕された事件で、この行政書士が女性の口座からほかにも200万円を着服した疑いがあることが、捜査関係者への取材でわかりました。
警察は、30日にも業務上横領の疑いで再逮捕する方針です。

函館市元町の行政書士、山本直人容疑者(51)は、財産の管理を委任されていた70代の女性の銀行口座から70万円を引き出し着服したとしてことし6月に逮捕されました。
これまでの調べに対し容疑を認めていて「金に困っていた」などという主旨の供述をしているということです。
さらにその後の調べで、同じ女性の口座からほかにも200万円を着服した疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。着服した金は生活費などに充てていたと見られるということです。
警察は30日にも業務上横領の疑いで再逮捕する方針です。
女性の口座からはおととしまでの2年余りの間に総額で5000万円以上が引き出されていて、警察は引き続き、余罪を捜査することにしています。