苫小牧環境PR大使にEXILE

人気グループ、EXILEのメンバーで苫小牧市出身のSHOKICHIさんが、市の「環境PR大使」に任命されました。

苫小牧市の「環境PR大使」に任命されたのは、人気ダンスボーカルグループ、EXILEのSHOKICHIさんです。
苫小牧市出身のSHOKICHIさんは29日市役所を訪れ、岩倉博文市長から委嘱状を受け取りました。
苫小牧市は、ごみの減量やリサイクルに力を入れていて、ごみが再利用された割合を示す「リサイクル率」が平成30年度は31%と、道内の人口10万人以上の都市の中で5年連続で最も高くなっています。
29日の式典で岩倉市長は「若い世代が住んでいるアパートなどではごみを分別する意識がまだ低い実態がある。SHOKICHIさんの大使就任がごみの分別の大切さを知ってもらうきっかけになってほしい」と述べました。
これに対し、SHOKICHIさんは「もっとごみを減らしてよりよい街にするために、今後も苫小牧に足を運んで若い世代に直接呼びかけたい」と話していました。