乙部町長選 36年ぶり選挙戦に

過去8回にわたって無投票が続いてきた道南の乙部町長選挙には新人2人が立候補して36年ぶりの選挙戦が始まりました。

これまでに立候補したのは届け出順にいずれも無所属の新人でNPO法人役員の今昭人氏(57)と、元町議会議員の寺島努氏(53)の2人です。
乙部町長選挙は今の寺島光一郎町長が昭和58年に初当選したあと、8回にわたって無投票が続きました。
9期務めた寺島町長が今回、引退を表明して2人の新人が立候補し、平成最初で最後となる町長選挙が36年ぶりに行われることになりました。
2人の候補者は立候補の届け出を済ませたあと、さっそく町内で支持を訴えました。
選挙戦では町の基幹産業の水産業の振興や人口減少対策などをめぐって論戦が交わされる見通しです。
全国町村会の役員を務めたことがあり、道内外の政界に影響力を持つ今の寺島町長に代わってどうリーダーシップを発揮するかも注目されます。