05分00秒

《知晓新闻学日语》 一个避免在富士山喷发时出现避难迟缓人员的新计划

知晓新闻学日语

播出日期 2023年5月29日 播放截止日期 2024年4月30日

《知晓新闻学日语》是一档以平实易懂的日语新闻为学习素材的日语教学节目。我们每期会选取一则新闻,播放日语原声,再对其中出现的单词和重要句子进行讲解。
本期的新闻是《一个避免在富士山喷发时出现避难迟缓人员的新计划》。

photo

[文稿]

《一个避免在富士山喷发时出现避难迟缓人员的新计划》

♪ 
  
朋友们好。您现在听到的是《知晓新闻学日语》栏目,我是江川。今天我们要收听的这条新闻,题目是:
 

 
富士山(ふじさん)が噴火(ふんか)したとき「避難(ひなん)が遅(おく)れる人(ひと)をなくす」 新(あたら)しい計画(けいかく)
 
这是2023年3月30日刊登在NHK网页《NEWS WEB EASY》上的一条新闻,内容是:一个避免在富士山喷发时出现避难迟缓人员的新计划。今天的关键词是:
 
避難(ひなん)する ──避难
 
警戒(けいかい)レベル(れべる) ──预警级别
 
好,请大家记住这两个关键词,并收听今天的这条新闻。
 
富士山(ふじさん)が噴火(ふんか)したとき、どのように避難(ひなん)するか、静岡県(しずおかけん)や山梨県(やまなしけん)、神奈川県(かながわけん)などが新(あたら)しい計画(けいかく)を発表(はっぴょう)しました。
避難(ひなん)が必要(ひつよう)な人(ひと)は、3つ(みっつ)の県(けん)に住(す)んでいる約(やく)80万人(はちじゅうまんにん)です。噴火(ふんか)の前(まえ)、地震(じしん)が増(ふ)えた場合(ばあい)などは、気象庁(きしょうちょう)が「噴火警戒(ふんかけいかい)レベル(れべる)」を上(あ)げます。レベル(れべる)が上(あ)がったら、親戚(しんせき)の家(いえ)やホテル(ほてる)などに避難(ひなん)します。
人口(じんこう)が多(おお)い所(ところ)では、みんなが車(くるま)で避難(ひなん)すると、道(みち)が混(こ)んで避難(ひなん)が遅(おく)れる心配(しんぱい)があります。このため、お年寄(としよ)りなど以外(いがい)は、歩(ある)いて避難(ひなん)します。
富士山(ふじさん)に登(のぼ)っている人(ひと)は、気象庁(きしょうちょう)が臨時(りんじ)の情報(じょうほう)を出(だ)したら、「噴火警戒(ふんかけいかい)レベル(れべる)」がいちばん低(ひく)いレベル1(れべるいち)でも、山(やま)を下(お)ります。

 
这条新闻报道说,最近有关方面公布了一个新的计划,其目的是避免在富士山喷发时出现避难迟缓人员。在富士山万一发生喷发时人们需要进行避难的地区,目前居住着大约80万人。除了这部分居民以外,在富士山登山的人以及游客也属于需要避难的人员。
 

 
下面我将选出两个句子并加以解说。第一个句子是:
 
富士山(ふじさん)が噴火(ふんか)したとき、どのように避難(ひなん)するか、静岡県(しずおかけん)や山梨県(やまなしけん)、神奈川県(かながわけん)などが新(あたら)しい計画(けいかく)を発表(はっぴょう)しました。
 
“当富士山发生喷发时,应该怎样进行避难呢?为此,静冈县政府、山梨县政府,以及神奈川县政府等有关方面公布了一个新的计划。”
 
ひなん(避難)する 的意思是进行避难,也就是说在发生自然灾害等不测事态时,为了保护生命而逃难的意思。に(逃)げる ,即逃命或逃脱这个词,与 ひなん(避難)する ,也就是进行避难这个词组的意思基本相同。在危险迫在眉睫的时候,相对于 ひなん(避難)する 这个词组,人们往往使用 に(逃)げる 这一表达实际动作的词汇。如果对别人说的话,要加上一个表示请求对方做什么事情的 てください ,说 に(逃)げてください ,也就是请逃命,或者 に(逃)げて ,即快逃啊。
 
好,下面我们来听听今天的第二个句子。
 
富士山(ふじさん)に登(のぼ)っている人(ひと)は、気象庁(きしょうちょう)が臨時(りんじ)の情報(じょうほう)を出(だ)したら、「噴火警戒(ふんかけいかい)レベル(れべる)」がいちばん低(ひく)いレベル1(れべるいち)でも、山(やま)を下(お)ります。
 
“正在攀登富士山的人,如果气象厅发出临时信息的话,即便‘喷发预警级别’属于最低的一级,也要下山。”
 
りんじ(臨時) ,就是临时。气象厅的 りんじ(臨時)のじょうほう(情報) ,即临时的信息。ふんかけいかい(噴火警戒)れべる(レベル) ,意思是喷发预警级别,它并不只用于富士山,而是根据日本国内的火山活动状况制定的预警级别,一共分为5个级别。一级的紧急程度最低,五级最高,需要进行避难。
 
听众朋友,您觉得本期的内容对您有帮助吗?好,欢迎您下次也能收听这个栏目。朋友们,再见。
 

节目简介