ニュース画像

WEB
特集
「蘇生やめて!」救急現場で何が…

皆さんは人生の最期をどのように迎えたいか考えたことはありますか?実は国の調査では、およそ半数の人が、病院ではなく、住み慣れた自宅で最期を迎えたいと望んでいるんです。そうした中、総務省消防庁が行った初めての調査で驚くべき事実が明らかになりました。自宅で心肺が停止した患者の家族が、駆けつけた救急隊に対して蘇生や搬送を拒否するというケースが相次いでいるというのです。その数、全国で年間およそ2000件。一体何が起きているのか。私たちは取材に当たりました。(社会部記者 金倫衣・山屋智香子 ネットワーク報道部記者 吉永なつみ)

なぜ蘇生中止求める?

私たちはある具体的な事例にたどり着きました。
去年1月、94歳で亡くなった八王子市の近藤悦子さんのケースです。

ニュース画像

悦子さんは、生前、娘の茂代さんに対して、「人工呼吸器をつけるような延命治療はしたくない」と話し自宅での最期を望んでいました。

そんなある日、容体が急変。ベッドの上で意識が無い状態で見つかります。

これに慌てた娘の茂代さんはとっさに119番通報をしてしまいました。

ニュース画像

救急隊は到着後、すぐに心臓マッサージを開始。病院へ搬送する準備を始めたその時、母親の意思を思い出した茂代さんは、蘇生や搬送の中止を求めました。

救急隊員の腕をつかみながら、「心臓マッサージをやめてほしい」と訴えましたが隊員は「仕事ですから、やめるわけにはいかない」と処置を続けたといいます。

そこに、主治医が駆けつけ、救急隊員に対し回復の見込みがないことと本人の意思を説明。結果、搬送は中止され、母親の希望通り自宅で最期を迎えることができました。

例え本人の意思を知っていても目の前で突然、倒れたり意識を失ったりしたら、家族は動転して救急車を呼んでしまうことがあるのです。

搬送されてしまうケースも

一方、本人の意思に反して病院に搬送され、自宅で最期を迎えられなかった人もいます。

名古屋市の医師、神谷悦功さん(50)はおととし同居していた父親の忠さん(当時77)を亡くしました。

夜、自宅の風呂場で忠さんが意識を失って倒れているのを見つけ、すぐに脈拍などを確認しました。しかし、すでに心拍も呼吸もなく、回復も見込めないことがその場でわかりました。

ニュース画像

実は忠さんも医師で、以前、息子の悦功さんに対して「もし倒れても救命処置はしないでそのままみとってほしい」と伝えていたといいます。

一方で、容体がそこまで悪化していなかったため、家族を含めて自宅で最期を迎えるための具体的な準備はしていませんでした。

そんな中、突然訪れた最期。夜間でもあったことから、主治医とはすぐに連絡がとれませんでした。
神谷さんは、救急車を呼んでしまうと父が望んでいなかった救命処置が行われると考え、事件や事故でないことを説明するため警察に連絡しました。

ニュース画像

すると駆けつけた警察官は「体がまだ温かいので救急車を呼びます」と言って消防に通報し、まもなく救急隊が到着しました。

神谷さんは自分が医師であることを隊員に説明したうえで、救命処置や搬送の必要はないと伝えました。

しかし、隊員は少し困った表情を見せると無線で本部とやり取りし、「そちらの事情もわかるがそれはできない」と答えて死後硬直が起きていないことなどを示したうえで、搬送したといいます。

その後、忠さんは病院で死亡が確認されました。

ニュース画像

神谷さんは「中学生の娘2人が隊員に『おじいちゃんを連れて行かないで』と泣き叫んでいた。2人の父親としても、また父の願いをかなえられなかった息子としても申し訳ない気持ちになった」と話していました。

忠さんが無言の帰宅をしたのは搬送からおよそ6時間後。

ニュース画像

神谷さんの母親で、忠さんの妻の倫子さん(76)は「もう亡くなっているのはわかっているのに、救急隊の人が力いっぱい痩せた夫の体に蘇生処置をするのを見ると痛そうで、気の毒で、私もつらかった。なきがらが自宅に戻ると息つく間もなく葬儀の準備が始まってしまい、夫がかわいがっていた孫たちと一緒に静かな時を過ごすことができなかったことが心残りです」と悔やんでいました。

ニュース画像

名古屋市消防局は取材に対し、今回のケースで搬送を中止しなかった理由について、プライバシーの問題があり「個別の案件についての回答は差し控える」とコメントしています。

そのうえで、こうしたケースについては国の基準が示されておらず、救命活動を続けるかどうかは搬送先の医療機関の医師の指示に従うことになっているとしています。

救急隊員の戸惑い

相次ぐ救急現場での蘇生拒否。救急隊員からは戸惑いの声が上がっています。

「救急隊は命を救うことが使命だが、心肺蘇生をやめてほしいということで板挟みになる」
「心肺蘇生を行ったら、家族から抗議を受けた」
「蘇生の拒否が患者本人の希望なのか、家族の希望なのかその場で判断できない」

救急隊員は法律上、救命措置を行いながら、迅速に医療機関に搬送することが責務とされています。

このため、1分1秒を争う現場では、判断に迷っている余裕はありません。差し迫る状況のなか、蘇生の拒否を告げられると、隊員は「責務」と「患者や家族の希望」との間で、どうすべきか判断を迫られてしまうのです。

実はこうしたケースに直面した時、救急隊員がどのように対応すべきか、全国で統一されたルールや手順はありません。これも救急隊員が混乱する大きな要因だと指摘されています。

動き出した医療現場

こうした救急現場での混乱を防ぐためにどうすればよいのか。

実は今、対策に動き出した医療機関があります。
東京 世田谷にある在宅医療専門の「恵泉クリニック」では、ことし4月から、容体が急変した時などにどんな治療を受けたいか、患者や家族の希望を細かく聞く取り組みを始めています。

ニュース画像
左)クリニック太田祥一院長

心肺が停止し、回復が見込めない時に、救命措置を望むかどうか。事前に患者と家族、医師が話し合っておき、書面に残しておくというものです。

私たちがこの取り組みを取材した時に出会った88歳の男性は、「好きなことは全部やってきたので、思い残すことはない。苦しまず家族に迷惑をかけたくない」と話し、救命措置を望まないと書面に記しました。

ニュース画像

ただ、この取り組みは決して、救命拒否を促すものではありません。91歳の男性患者の娘は、「もう少し一緒の時間を過ごしたいので、心肺停止になっても蘇生によって戻るのであればお願いしたい」と話し、できる限りの蘇生措置を希望していました。

クリニックの太田祥一院長はこうした取り組みに欠かせないこととして、患者と家族、それに医師や看護師などとの信頼関係を築くことと、考えが変わる可能性があるので定期的に希望を聞き取ることを挙げています。

太田院長は「これまでは、最期をどう迎えたいかと話し合うことはタブーとされてきたが、これからは医師が患者や家族の意思を確認することが欠かせない」と話していました。

消防も対策進める

また、消防の現場でも対策が少しずつ進んでいます。

ニュース画像

埼玉県の所沢市などを管轄する、埼玉西部消防局では、現場で心肺蘇生の拒否を求められた場合の対応のしかたについて、独自の手順書を作成し、10年前から活用してきました。

キーワードは、「医師の指示書」と「家族の同意」です。

まず「医師の指示書」は、主治医が患者と交わした書面のことです。患者が心肺停止になった場合に心肺蘇生を希望するかしないかを、事前に主治医が患者と話し合い、それを記したものです。
書面には、患者本人の署名のほか、主治医の名前や連絡先が書かれています。

このため、救急隊員が現場で蘇生を拒否された場合、家族などから「医師の指示書」を提示されれば、隊員は主治医にすぐに連絡し、指示を仰ぐことで蘇生や搬送を中止できます。

しかし実際の現場では、この「医師の指示書」が出てきたケースというのは、ほとんどないといいます。
主治医と口頭で意思を確認しあうことはあっても、それを書面に残しておくというところまでは、なかなか普及していないのです。

ニュース画像

そこで2つ目のキーワード「家族の同意」が出てきます。
事前の書面がなくても、その場での「主治医の指示」と「家族の同意」があれば、蘇生や搬送を中止できるようにしました。

具体的には、家族から主治医が誰かを聞き取り、その主治医に連絡して蘇生中止など処置の指示を受けます。
そして、救急隊員がその場で家族から同意のサインをもらいます。

救急隊員は独断で蘇生の中止などを判断できないため、必ず医師の指示が必要となります。家族などからの申し出だけではなく、医師との連携を強化することで、円滑な活動が成り立っているのです。

「患者本人や家族の希望がいちばん大切だと思うので、そうした意向に沿った活動をしていきたい」

先ほどの医療機関もそうですが、こうした取り組みは、決して蘇生の中止を促すものではなく、あくまで、患者や家族の希望に沿った活動を行おうとするものです。

取材した隊員が話してくれた言葉が、深く印象に残っています。「救命処置を望む人にはもちろん処置を、望まない人にもそういった意思に沿った活動を、どんな患者や家族に対しても寄り添った活動を行うのがわれわれの仕事だと思っている」

ニュース画像

今後どうすれば

こうした取り組みは、まだ一部の消防にとどまっているのが現状です。日本臨床救急医学会の坂本哲也代表理事は、全国的な仕組み作りが重要だと指摘し、次のように話しています。

「このままの人口構造では高齢者がふえていくので、今の体制であればさらに現場の混乱が増えてくると思う。これまでは救急隊が現場に行くと救命措置に100%全力を尽くすという選択肢しかなかったけれど、蘇生を中止するような手順を選ぶことができる、これがこれからの新しい救命の考え方だと思う」

ニュース画像

家族との話し合いを

突然、目の前で心臓が止まったり、呼吸が無くなったりすれば、家族が動転して119番通報をしてしまうことは決して珍しくないと思います。
そうした場合、救急隊員はどのように対応すべきか、国が統一したルールを早く設けるべきです。
高齢化社会に直面し、救命救急の考え方を変える時が来ているのかもしれません。

また、取材して感じたのは、この問題は救急隊だけで解決できるものではないということです。
患者本人や家族はもちろん、地域のクリニックや救急病院の医師や看護師など、まさに地域医療に携わるさまざまな分野の人たちが連携してはじめて、患者の希望にそった対応が成り立ちます。

そして何より私たち一人一人が日頃から家族などと話し合うことが最も重要です。さらに何かあれば、まず主治医に連絡するということを徹底することも大切です。

人生の最期なんてまだ遠い話だと感じている人も、1度、周りの人たちと話し合ってみてはいかがですか。

金 倫衣
社会部記者
金 倫衣
山屋 智香子
社会部記者
山屋 智香子
吉永 なつみ
ネットワーク報道部記者
吉永 なつみ