ニュース画像

WEB
特集
不安で…セックスがやめられない

インターネット上で気になる漫画を見つけました。タイトルは「セックス依存症になりました。」「性依存症」と診断を受けた男性が、自分の病と向き合い、回復を目指すストーリーです。性依存症は、アルコールや薬物、ギャンブルなど、ほかの依存症と同様に精神科などの一部の医療機関で治療が行われていますが、日本ではあまりなじみがなく、正しく理解されているとはいえません。なぜこのような漫画を描いたのか、性依存症の人たちはどのように病気を乗り越えようとしているのか、取材しました。 (社会部記者 三浦佑一)

“性依存症”とは?

漫画の連載が週刊誌のサイトで始まったのはことしの4月13日。毎週1話ずつ無料で公開されています。

ニュース画像

漫画は複数の女性と性的関係を結ぶことに執着してきた男性が、心療内科の医師から「あなたがセックス依存症であることは間違いない。このまま放置すると性犯罪で逮捕される確率は非常に高い」と告げられる場面から始まります。

連載序盤では、男性が病気を自覚し回復プログラムに取り組もうとする姿が描かれています。

「性依存症」というこの病気。
日本ではあまり知られておらず、専門に診療している医療機関も多くありません。周りの知人にこの病気を知っているかどうか尋ねてみても「性欲が強い人のこと?」「だらしない人でしょ」という反応がほとんどでした。

一方、アメリカでは「パラフィリア(性的倒錯)」という病名があり、医学事典では「性的興奮をもたらす反復的な強い空想、衝動、または行動によって苦痛または日常生活への支障を来している状態」(「MSDマニュアルプロフェッショナル版」より)などと説明されています。スポーツ選手や俳優などがこの病気だと報じられることも少なくなく、専用の治療施設もあるそうです。

漫画の中で、主人公の男性は医師に自分の症状を打ち明けます。

ニュース画像

「セックスに関する思考や発想が自分の意志とは無関係に脳内をかけめぐる」「過剰な性欲はもはや苦痛になり、解消できないストレスで激しい怒りがこみ上げてくる」「性欲と身体と感情がバラバラ…」。そう訴えながら、衝動を抑えられない自分を情けなく思う男性。しかし医師は「恥ずかしいと思うことが一番あなたを治療から遠ざける」と伝え、自分は病気だと認め治療を受け入れるよう促します。

ニュース画像

作者の思いは

どうしてこのテーマを漫画で描こうと思ったのか。私は出版社を通じて、作者の津島隆太さんに取材を申し込みました。

ニュース画像

津島さんは、40代で、もの静かで実直そうな男性でした。

約1年前に性依存症の診断を受け、その経験をもとにしたストーリーを、デビュー作となったこの漫画で描いているといいます。

「自分の経験を語ることで、同じ依存症の人たちが治療につながるのを後押ししたい」と、顔を明かして取材に応じてくれました。

津島さんはまず自分自身の過去を語り始めました。
「私は幼い頃から自分に自信がありませんでした。愛情や安心を感じられる唯一の方法が、私にとっては女性との性行為だったんです。その欲求は1人の相手では収まらず、次々と相手を変えていきました。次第に過激な行為を要求して相手の心を支配しようとするようになりました。女性にとって嫌な行為も、私のために受け入れてもらうことが真実の愛だと思い込むようになっていたのです」

さらにそうした自分について「相手のことを考えられない自分に対し、常に嫌悪感がありました。しかしそれでも性への渇望感はやみませんでした。次第に仕事や金銭管理がおろそかになり、女性との関係も破綻していきました。するとその悲しみを埋めるため、また新たに性で支配できる相手を探す。その繰り返しだったのです」と明かしました。

津島さんは今、専門の治療プログラムを受け、一切の性行為を絶っていると言います。
「自分が病気だと認めて性行為を遠ざけることで、不思議と渇望は薄れ、穏やかに過ごせるようになりました。私は犯罪にあたるような行為はしてこなかったつもりですが、多くの女性を巻き込んで迷惑をかけてきたことは事実です。病気を理由に過去の行為が許されるとは思いません。ただこの経験を漫画に描くことで、同じ悩みを持つ人たちが依存症だと気づくきっかけを作りたいのです」と話しました。

各地に広がる自助グループ

津島さんのような性依存症の人はどのくらいいるのか。調べてみましたが、そういった統計を見つけることはできませんでした。

一方で、全国各地には性依存症の人が集まる自助グループがいくつかあることがわかりました。

取材を申し込んだところ、ほとんどのグループから「参加者のプライバシーを守りたい」と断られましたが、ある西日本のグループが特別に私の参加を認めてくれました。

ニュース画像

私が訪ねた公共施設の会議室に集まったのは、いずれも性的な衝動によって社会生活が立ち行かなくなったという男女十数人。不特定多数の異性と交際しては人間関係が壊れてしまう人、風俗店通いで経済的に破綻した人、盗撮や痴漢などで逮捕され職場を解雇された人…。彼らは毎週のように集まって悩みや苦しみを互いに打ち明け、衝動に身をゆだねてトラブルを起こしたり、犯罪を犯したりすることのない日々を送ろうと誓い合っています。医師からの勧めで参加しているという人も多くいました。こうした「仲間どうし」のつながりが、依存症から抜け出す上で重要だということです。

津島さんの漫画を読んでもらい感想を尋ねると、メンバーの女性が話し始めました。

ニュース画像

「すごく、共感しかなくて。私もふとしたことで、頭の中で性のスイッチが入ってしまう。将来への不安やストレスがあってもセックスすればスカッとすると思って、欲望に走ってしまう。漫画は面白かったけど、悲しくもなったかな…私も病気なんだなって」

女性は思いを言葉にしていくうちに、涙ぐみました。

ほかの参加者たちも漫画に共感し、他人から理解されにくい自分たちの悩みが堂々と描かれていることに励まされたといいます。

背景には虐待も…?

さらに取材を進めると、性依存症の原因のひとつに、性暴力被害があることもわかってきました。

ニュース画像

大分県に住む工藤千恵さん(46)。8歳の時に路上で男に連れ去られて性暴力を受け、いまは被害の苦しみを伝える活動をしています。

工藤さんは「私自身、被害を受けたことをきっかけに、性依存になったんです。私の場合は、性暴力で心も身体も他人に支配された現実を上書きしたかったのか、自分で自分の体を触ることがやめられなくなりました。成人してからその衝動は男性に向かい、同時に複数の人と交際しても収まらないようになっていきました。私のように性暴力被害を受けた後に自分の性行動で悩む女性は少なくないんです」と打ち明けました。

実は漫画の作者の津島さんも性的虐待を受けていた過去があり、今後の連載でその経験についても描くつもりだといいます。

工藤さんは、衝動を受け止めてくれる夫と出会ったことで、自分をコントロールできるようになったと言います。 「こうした漫画を通じてもっと多くの人に性依存症のことを知ってもらうことが、被害にあって生きづらさを感じている人への誤解や偏見の解消につながると思います」と話していました。

性依存症にどう向き合うのか

性依存症の問題は、どのように理解し、解決していけばいいのか、津島さんの漫画を監修する専門家に聞きました。都内の精神科クリニックで性依存症の人を2000人以上診てきたという、精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳さんです。

ニュース画像

斉藤さんは「性行為は一定の年齢になれば誰でも行うことなので、性依存症に陥るリスクは誰でも潜在的にあります。家庭や仕事、恋愛関係でうまくいかず大きなストレスを抱えたとき、それを性でしか解消できないと考えてしまう人が危険です。また津島さんのように性的虐待がきっかけで『自分は性的なことでしか人に愛されない』と思い込み、依存症になったという人も、私のクリニックには多く来ます」と話しました。

また、セクハラや痴漢、不倫問題などにも性依存症が疑われるケースがあるといいます。

斉藤さんは「依存症はよく『否認の病』と言われます。自分が病気とは認めたくない、性のことなど人には相談できないと考えて、問題を長引かせてしまいます。しかし依存症だと認めることができれば、家族への相談、専門の治療、自助グループへの参加など、回復への道が広がります。そうなるためにこの病気が国内でももっと知られる必要があります。単に性欲が強いだけという話と思わず、思い当たれば受診してほしいです」と話していました。

漫画の作者の津島さんも言うように、性依存症であったとしても性行為の強要や犯罪が許されるわけではないと思います。しかし悩みを誰にも打ち明けられずにいる依存症の人たちへの支援はもっと必要だと感じた取材でした。

三浦 佑一
社会部記者
三浦 佑一