ニュース画像

WEB
特集
性教育に揺れる教育現場 いつ、どこまで教える?

ことし3月に東京の中学校で行われた性教育の授業が議論になっています。中学卒業間近の3年生に、正しい性の知識を身につけてもらい、パートナーを思いやる気持ちを持ってほしいという狙いがありましたが、中学生に避妊や人工妊娠中絶の方法を具体的に指導したことを問題視する声もあがりました。子どもたちに、いつ、どこまで性を教えるのか、難しさが浮き彫りになっています。
(首都圏放送センター 都庁クラブ記者 早川沙希)

問題視された授業は

議論のきっかけは、ことし3月に、足立区立の中学校で行われた「自分の性行動を考える」という公開授業が、東京都議会の質問で取り上げられたことでした。

この中学校では、性教育を人権教育として位置づけ、3年間の総合学習の時間を使って、生命誕生や多様な性などを指導しています。10代での予期せぬ妊娠を避けてもらい、男女ともに傷つくことがないよう、避妊には、コンドームやピルがあることや入手の方法、人工妊娠中絶が可能な期間や費用などをクラス全員に具体的に指導しました。

ニュース画像

この中学校の校長は、取材に対し、インターネットなどで性の情報があふれる中、高校入学前に性に関する正しい知識を身につけてもらう必要性があると話していました。

なぜ問題視?背景には学習指導要領

この授業について、東京都教育委員会が示した見解は「問題があった」というものでした。そのよりどころとしているのが、国の保健体育の「学習指導要領」です。

学習指導要領では避妊や人工妊娠中絶は高校で指導する内容であり、小中高を通じて、性交という妊娠の経過は扱わないことになっています。

ニュース画像

これは、国が、子どもは十分に社会的な責任を取れず、性感染症を防ぐためにも、子どもの性行為は適切でないと考えているからです。学習指導要領を踏まえ、都教育委員会は、保護者に十分な説明をしないまま、一律にクラス全員に指導が行われたことには課題があると指摘し、個別やグループに対して指導をするのが望ましいという考えを示しました。

足立区の教育委員会もこうした指摘を受けて、保護者への周知の方法などを改善し、今後も授業を続けていく考えです。

一律の指導に慎重な教育現場

今回の取材の中で、性について踏み込んだ指導を行うことについて、教育委員会がどう考えているかアンケート調査を行ったところ、都内の38の区と市から回答を得ました。
いずれも学習指導要領を超えた指導を行うことには慎重な考えがうかがえました。

ニュース画像

その理由としては「生徒の心身の成長発達の個人差」「外国籍の生徒への配慮」「LGBTの生徒への配慮」「性への興味・関心の助長」をあげていました。

保健体育の学習指導要領を検討するスポーツ庁も、性に関する指導は学校だけで完結するものではなく、家庭・地域での教育も重要だと指摘しています。

また、足立区の授業について都議会で質問した議員は、取材に対し「性は内心に立ち入ることであり、授業を受けたくないと思った生徒がいるのではないか」と話し、授業で生徒全員に対し一律に教えることに疑問を呈していました。

家庭で性を教えられる?

しかし、私たちが街で取材をすると、性について家庭で話し合うことについて、保護者は「親が言いにくい」「親の知識が正しいかもわからない」などと話し、難しさを感じているようでした。

都内に住み、3人の子どもがいる香取彩葉子さんも、保健師の資格がありますが、高校1年生の息子と性について話すことは、恥ずかしさが前面に出てしまい難しいと話していました。

ニュース画像

このため、正しい性の知識を学ぶことができる本や漫画をトイレの棚に置き、読んでもらうなどの工夫をするのが精一杯だといいます。

踏み込んだ性教育とは

ニュース画像

一方で、学習指導要領を超えた性教育を続けている自治体もあります。

秋田県は、医師と連携して、中学3年生を対象に踏み込んだ授業を14年間続けた結果、10代の若者の中絶の件数は324件から71件に減りました。

ニュース画像

産婦人科医の池上俊哉さんは、人が性交する理由、性器についての悩みなどを男女一緒に教えている理由について、いつまで経っても知識が未熟なまま成長していくことには懸念があるからだと話していました。

性教育とは思いやりを学ぶこと

秋田の中学校での授業後に行ったアンケートでは、生徒から「相手への思いやりを持つことを忘れないことが大切だと思った」「自分の存在を誇りに思い、誤った判断をしてはならないと感じた」などという感想が出されていて、自分を大切にし、相手を思いやる気持ちが育まれたことがうかがえます。

足立区の中学校の授業づくりにも関わってきた埼玉大学の田代美江子教授は、生徒たちが性について抵抗なく、多様な考えを出し合う授業が欠かせないと話していました。集団で学ぶことで、自分とは異なる意見に触れ、改めて人の気持ちを考えることが成長につながるというのです。

ニュース画像

性に対する多様な考え方

今回の取材を通して、子どもたちが「いつ・どのように」性について学ぶべきかについては、さまざまな考えがあることを実感しました。インターネットなどでの情報が先行し、子どもたちがどのような情報を得ているかわからないという保護者も多く、早い段階で、性の正しい知識を学校で教えてほしいという声も多く聞かれました。

一方で、人工妊娠中絶の具体的な方法などは、指導を必要とする生徒に個別に教えるべきで、中学生のうちに詳しく教えてもらいたくないと考える保護者がいることもわかりました。
都の教育委員会や国も、性交、避妊、人工妊娠中絶ということばを授業で使ったこと自体を問題視しているわけではなく、足立区での授業をやめるべきだとは考えていません。

ただ、性は、誰もが向き合うことなので、今回の議論が今を生きる子どもたちにどう教えていくべきか行政や学校現場、家庭で考えるきっかけになればと感じました。

早川沙希
首都圏放送センター記者
早川 沙希