浸水想定区域の対策 の検索結果12件

ハザードマップ活用で安全な避難を

ハザードマップ活用で安全な避難を

長靴はNG!避難をするときの服装は?避難場所に向かう際に注意することは?安全な避難のポイントをまとめました。

水害時の教訓「車避難の注意点」

水害時の教訓「車避難の注意点」

災害時は、徒歩での避難が原則です。しかし、要支援者がいる場合は、車を利用せざるを得ない場合もあります。どのような心構えが必要なのか体験者の証言から考えます。

水害時の教訓「避難マップづくり」

水害時の教訓「避難マップづくり」

大規模な土砂災害あった広島県では、住民たちがハザードマップをもとに独自の「避難マップ」を作りました。実際に体験したからこそわかる、防災のノウハウをお伝えします。

マイ・タイムライン作ってみた

マイ・タイムライン作ってみた

住民一人ひとりが避難のタイミングを事前に決めておく「マイ・タイムライン」。記者が実際に作ってみました。

ハザードマップはなぜ大事?【2分動画】

ハザードマップはなぜ大事?【2分動画】

ハザードマップの確認は、なぜ大事なのでしょうか?ハザードマップの意味や見方を2分にまとめました。まわりの人にもぜひ伝えて下さい!

ハザードマップを見てみよう!【1分動画】

ハザードマップを見てみよう!【1分動画】

命を守るためには早めの避難が大切です。自宅やよく行く場所のハザードマップを確認しましょう。浸水の深さもチェックを!

ハザードマップで地域のリスクを確認しよう

ハザードマップで地域のリスクを確認しよう

ハザードマップは、洪水や土砂災害のリスクがある場所を示した地図です。地域のリスクを知ることは、災害から命を守るための第一歩。ハザードマップでリスクを確認する方法を紹介します。

想定外の水害が起きたらどうする?

想定外の水害が起きたらどうする?

温暖化によって雨の降り方が大きく変わるなか、 “想定外”の水害に備えるためには、どうしたらいいのでしょうか?自分だけは大丈夫、という思い込みを捨てて避難し、命を守るために必要なことを専門家が伝えます。

高潮のリスクを知っておこう

高潮のリスクを知っておこう

「高潮」の備えとは?台風接近の際には、沿岸部を襲う高潮に備える必要があります。特に海抜ゼロメートル地帯などでは事前にリスクを知っておくことが大切です。そのポイントです。

変わる治水対策「霞堤(かすみてい)」とは?

変わる治水対策「霞堤(かすみてい)」とは?

想定を超える規模の水害が相次ぐなか、川の水を制御する「治水」が変わろうとしています。堤防やダムといったこれまでの対策に加え、川の水を逃がす場所を設ける計画とは?

洪水予測システムでより的確な避難へ

洪水予測システムでより的確な避難へ

「洪水はいつどこで起きるのか。事前に知ることで、一人でも多くの人を水害から守りたい」今、研究者が、最大39時間前にピンポイントで予測するシステムを開発、自治体と挑戦を始めています。

川が氾濫!避難のポイントは?

川が氾濫!避難のポイントは?

「川の氾濫」のリスクと警戒すべきことは?自治体が出している浸水を想定したハザードマップや川の水位の情報など、避難につなげるために注意しておきたいポイントをまとめました。