台風 の検索結果52件

ブルーシートを部屋に張る 自分でできる雨漏り対策

ブルーシートを部屋に張る 自分でできる雨漏り対策

自宅の屋根に被害を受けた時など雨漏りが心配です。少しでも安心して過ごせるよう、自分たちで安全にできる「雨漏り対策」をお伝えします。

非常用持ち出し袋の用意を!【1分動画】 

非常用持ち出し袋の用意を!【1分動画】 

いざという時のために、入れておきたいものとは?

避難スイッチ を決めておきましょう!【1分動画】

避難スイッチ を決めておきましょう!【1分動画】

川の水位など、身の回りの異変から、逃げるタイミングをあらかじめ決めておきましょう。

メモを作ろう【1分動画】

メモを作ろう【1分動画】

障害がある人やお年寄りの場合、避難の際に支援や配慮をしてほしいことがあります。そのときは事前にメモを作っておき、周囲に自分の状況を知らせると役に立ちます。その作り方を紹介します。

在宅避難に備えよう!【1分動画】

在宅避難に備えよう!【1分動画】

障害がある人やお年寄りの場合、移動する際のリスクも考えられます。そこで選択肢の一つとして考えたいのが在宅避難。ポイントを紹介します。

あなただけの防災グッズ【1分動画】

あなただけの防災グッズ【1分動画】

避難する際に欠かせない防災グッズ。障害のある人やお年寄りにとって生活に欠かせないものを忘れると命に関わる場合も…。ポイントをおさえて事前に準備をしましょう。

防災グッズ、何を持っていくべき?

防災グッズ、何を持っていくべき?

お年寄りや障害のある人、病気がある人など「要支援者」と呼ばれる人たちがすぐに避難できるよう、どんな防災グッズを用意しておくべきなのか。ポイントをご紹介します。

避難ルートは大丈夫?【1分動画】

避難ルートは大丈夫?【1分動画】

障害のある人やお年寄りは避難所までの移動が大変かも。事前に避難経路を下見して、どんなリスクがあるのか把握することが大切です。経路を確認する際のポイントを紹介します。

避難経路の事前確認

避難経路の事前確認

お年寄りや障害がある人など移動が難しい人は普段、どんな備えをすればよいのか。安全な避難経路を確認するときのポイントをご紹介します。

個別避難計画作りのポイント

個別避難計画作りのポイント

お年寄りや障害がある人たちの中には避難時、支援を必要とする人も。国はすべての市区町村に対して、一人ひとりの事情に合わせた個別避難計画の作成を努力義務としています。先進地の取り組みから、ポイントをお伝えします。

バリアの無い避難所作り【1分動画】

バリアの無い避難所作り【1分動画】

お年寄りや障害のある人は避難所で、様々な配慮を必要としています。誰もが過ごしやすい避難所を作るためのポイントを紹介します。

要支援者のための避難所

要支援者のための避難所

お年寄りや障害がある人など「要支援者」とも呼ばれる人たちは、避難所で支援を必要する場合があります。誰もが過ごしやすい避難所作りのポイントをまとめました。

避難の際は”声かけ”を【1分動画】

避難の際は”声かけ”を【1分動画】

2018年の西日本豪雨では、多くの人が近所などの「声かけ」によって避難しました。移動が難しいお年寄りや障害のある人がいたら、声をかけましょう。

地域でできる声かけ

地域でできる声かけ

お年寄りや障害がある人など、避難時に支援を必要とする人たちの命をどう守るか。私たちができることは何でしょうか?そのポイントをご紹介します。

ハザードマップ活用で安全な避難を

ハザードマップ活用で安全な避難を

長靴はNG!避難をするときの服装は?避難場所に向かう際に注意することは?安全な避難のポイントをまとめました。

災害時 健康を守る「エコノミークラス症候群」【1分動画】

災害時 健康を守る「エコノミークラス症候群」【1分動画】

避難所や車中泊などでは、エコノミークラス症候群のリスクがあります。必ず行って欲しい対処法です。

災害時 健康を守る「高齢者の方へ」 【1分動画】

災害時 健康を守る「高齢者の方へ」 【1分動画】

被災したあと、体を動かさない状態が続くと、体力や認知機能が低下します。健康を維持するためにできることとは?

災害時 健康を守る「認知症」【1分動画】

災害時 健康を守る「認知症」【1分動画】

過去の災害では、認知症の人は環境の変化やストレスにより症状が急激に悪化。認知症の人と家族が災害を乗り越える方法は?

災害時 健康を守る「糖尿病」【1分動画】

災害時 健康を守る「糖尿病」【1分動画】

災害時、糖尿病患者は血糖コントロールが困難になることも。お薬手帳はスマホで撮っていつでも情報を持ち出せるように。非常食の糖分にも注意!

災害時 健康を守る「高血圧」【1分動画】

災害時 健康を守る「高血圧」【1分動画】

災害時、高血圧が引き金となる重大な病気が急増します。避難中、血圧が上昇しやすい意外な原因と対策です。

災害時 健康を守る「エコノミークラス症候群」

災害時 健康を守る「エコノミークラス症候群」

避難所や車中泊など窮屈な環境で起きるエコノミークラス症候群。なぜ災害のたびに犠牲者が相次ぐのか。急激に症状が悪化する知られざるリスクと、現場で必ず行って欲しい対処法を伝える。

災害時 健康を守る「高齢者の方へ」

災害時 健康を守る「高齢者の方へ」

災害時、特に高齢者は健康悪化のリスクにさらされる。窮屈な避難生活や、被災の喪失感で動けない状態が続くことが、体力や認知機能を低下させる。健康維持に大切なのは、ささいなことでいいので、役割を持つこと。

災害時 健康を守る「認知症」

災害時 健康を守る「認知症」

過去の災害では、認知症の人は環境の変化やストレスにより「イライラ」「徘徊(はいかい)」などの症状が急激に悪化。周囲への気遣いも加わり、家族の疲弊も問題に。認知症の人と家族が災害を乗り越える方法を伝える。

災害時 健康を守る「糖尿病」

災害時 健康を守る「糖尿病」

災害時、糖尿病患者は悪化のリスクにさらされる。非常食の糖分が多い上、混乱の中薬を持ち出せず種類も分からない状況で、血糖コントロールが困難に。お薬手帳をスマホで撮影し情報を常に携帯するなどの備えが大切だ。

災害時 健康を守る「高血圧」

災害時 健康を守る「高血圧」

災害時、高血圧が引き金となる重大な病気が急増する。阪神淡路大震災の被災地では脳卒中の死亡者が前年の2倍近くになった。避難中、血圧が上昇しやすい意外な原因と対策を伝える。

水害時の教訓「車避難の注意点」

水害時の教訓「車避難の注意点」

災害時は、徒歩での避難が原則です。しかし、要支援者がいる場合は、車を利用せざるを得ない場合もあります。どのような心構えが必要なのか体験者の証言から考えます。

水害時の教訓「避難マップづくり」

水害時の教訓「避難マップづくり」

大規模な土砂災害あった広島県では、住民たちがハザードマップをもとに独自の「避難マップ」を作りました。実際に体験したからこそわかる、防災のノウハウをお伝えします。

非常用持ち出し袋 すっきり収納術

非常用持ち出し袋 すっきり収納術

避難時の非常用持ち出し袋について。中に入れ準備しておく物とすっきりとした収納術をお伝えします。

マイ・タイムライン作ってみた

マイ・タイムライン作ってみた

住民一人ひとりが避難のタイミングを事前に決めておく「マイ・タイムライン」。記者が実際に作ってみました。

台風の接近がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

台風の接近がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

外国人にとって地図や地名は難しいもの。自分たちの住む場所がわからず、台風の進路予想図が理解できない人も。どう伝えればいい?

「学校のお知らせ」がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

「学校のお知らせ」がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

災害時に学校から来るメール。「保護者」「お迎え」といった言葉が理解できない外国人も。「やさしい日本語」で言い換えると…?

計画運休がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

計画運休がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

台風の際の交通機関の「計画運休」。知らずに出かけて外出先から帰れなくなる外国人も。計画運休をうまく説明するには?

大雨でどんな災害が来るかわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

大雨でどんな災害が来るかわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

外国人の中には大雨でどんな災害が起きるか知らない人も。隣に住むタイ人一家が心配な亜美さん。「浸水」・「土砂災害」をどう伝える?

ハザードマップはなぜ大事?【2分動画】

ハザードマップはなぜ大事?【2分動画】

ハザードマップの確認は、なぜ大事なのでしょうか?ハザードマップの意味や見方を2分にまとめました。まわりの人にもぜひ伝えて下さい!

ハザードマップを見てみよう!【1分動画】

ハザードマップを見てみよう!【1分動画】

命を守るためには早めの避難が大切です。自宅やよく行く場所のハザードマップを確認しましょう。浸水の深さもチェックを!

ハザードマップで地域のリスクを確認しよう

ハザードマップで地域のリスクを確認しよう

ハザードマップは、洪水や土砂災害のリスクがある場所を示した地図です。地域のリスクを知ることは、災害から命を守るための第一歩。ハザードマップでリスクを確認する方法を紹介します。

水害時の教訓 「第2の避難場所」を決めよう

水害時の教訓 「第2の避難場所」を決めよう

水害時、行政が指定した避難所に行くことができない場合はどうしたら良いのか?いざという時のために「第2の避難場所」を地域ぐるみで準備し、住民全員が無事に助かったという人たちの体験談を紹介します。

屋外避難 ここに気をつけて!

屋外避難 ここに気をつけて!

水害時の「屋外避難」の注意点です。状況が悪化してから屋外に出るのは危険です。道路が冠水している場合は、足元が確認できず、車のエンジンがかからなくなることも。その対策です。

どこに避難すればいいの?

どこに避難すればいいの?

近年、増える台風や豪雨などの水害。しかし避難所には新型コロナウィルス感染の心配も。自宅にとどまる、ホテルに泊まるなど、指定避難所以外の選択肢について専門家が解説します。

想定外の水害が起きたらどうする?

想定外の水害が起きたらどうする?

温暖化によって雨の降り方が大きく変わるなか、 “想定外”の水害に備えるためには、どうしたらいいのでしょうか?自分だけは大丈夫、という思い込みを捨てて避難し、命を守るために必要なことを専門家が伝えます。

高潮のリスクを知っておこう

高潮のリスクを知っておこう

「高潮」の備えとは?台風接近の際には、沿岸部を襲う高潮に備える必要があります。特に海抜ゼロメートル地帯などでは事前にリスクを知っておくことが大切です。そのポイントです。

土砂災害から命を守るには

土砂災害から命を守るには

「土砂災害」で警戒すべき点は?地滑りや土石流、崖くずれなどの土砂災害により、大きな被害が出ています。土砂災害警戒情報など、避難の際に参考になるポイントを紹介します。

洪水予測システムでより的確な避難へ

洪水予測システムでより的確な避難へ

「洪水はいつどこで起きるのか。事前に知ることで、一人でも多くの人を水害から守りたい」今、研究者が、最大39時間前にピンポイントで予測するシステムを開発、自治体と挑戦を始めています。

浸水した家屋の片づけと掃除のしかた

浸水した家屋の片づけと掃除のしかた

自宅が水害の被害にあったらどんな作業が必要か?被害状況がわかる写真の撮り方、床下の確認方法、泥だし・洗浄・乾燥・消毒の方法をまとめました。作業の際の服装など、ボランティアにも必要な情報です。

避難に向けて準備しておきたい物とは?

避難に向けて準備しておきたい物とは?

今、水害が起きたら何を持って避難すればいいのか?今すぐ準備できる防災グッズや、避難所での感染対策のポイントを紹介します。

水害時の教訓 「避難スイッチ」を決めよう

水害時の教訓 「避難スイッチ」を決めよう

水害から身を守るために重要なのは、早めの避難。どんな状況になったら逃げるのか、あらかじめ決めておく「避難スイッチ」という取り組みがあります。「避難スイッチ」の決め方や行動に移すポイントを、水害の経験者が伝えます。

都市ならではの水害被害

都市ならではの水害被害

「都市を襲う水害」について知ってください。短時間の大雨で急激に事態が悪化する都市型の豪雨では、内水氾濫や、アンダーパス、地下街の浸水などに警戒する必要があります。そのポイントです。

暴風被害を防ぐには

暴風被害を防ぐには

「暴風」で警戒すべき点です。台風で起きる暴風は、看板が飛んだり、トラックが横転したり、電柱が倒れたりするなど大変危険です。被害を防ぐための具体的な対策を紹介します。

川が氾濫!避難のポイントは?

川が氾濫!避難のポイントは?

「川の氾濫」のリスクと警戒すべきことは?自治体が出している浸水を想定したハザードマップや川の水位の情報など、避難につなげるために注意しておきたいポイントをまとめました。

新型コロナウイルスと災害避難

新型コロナウイルスと災害避難

「新型コロナウイルスと避難」についてです。感染拡大に注意しながら避難するにはどうしたらいいのでしょうか?避難所での3密を避けるなど、感染を防ぎながら安全に避難する際の注意点、さらに「在宅避難」や「分散避難」についてのポイントです。

水と共存目指すハンブルク

水と共存目指すハンブルク

命を守るために堤防を強化することは大事です。でも世界には、あえて堤防を作らずに、水害に備えている街があります。独特のルールで、水との共存をめざすドイツ・ハンブルクの水害対策を紹介します。

ニューヨークの水害対策

ニューヨークの水害対策

大水害に見舞われたあと、どうやって地域を復興させたらいいのか? ヒントになるのが、2012年にハリケーン・サンディの高潮に襲われたニューヨークです。住民参加で決めたユニークな水害対策を紹介します。