インクルーシブ防災(災害弱者・要支援者) の検索結果28件

メモを作ろう【1分動画】

メモを作ろう【1分動画】

障害がある人やお年寄りの場合、避難の際に支援や配慮をしてほしいことがあります。そのときは事前にメモを作っておき、周囲に自分の状況を知らせると役に立ちます。その作り方を紹介します。

在宅避難に備えよう!【1分動画】

在宅避難に備えよう!【1分動画】

障害がある人やお年寄りの場合、移動する際のリスクも考えられます。そこで選択肢の一つとして考えたいのが在宅避難。ポイントを紹介します。

あなただけの防災グッズ【1分動画】

あなただけの防災グッズ【1分動画】

避難する際に欠かせない防災グッズ。障害のある人やお年寄りにとって生活に欠かせないものを忘れると命に関わる場合も…。ポイントをおさえて事前に準備をしましょう。

防災グッズ、何を持っていくべき?

防災グッズ、何を持っていくべき?

お年寄りや障害のある人、病気がある人など「要支援者」と呼ばれる人たちがすぐに避難できるよう、どんな防災グッズを用意しておくべきなのか。ポイントをご紹介します。

避難ルートは大丈夫?【1分動画】

避難ルートは大丈夫?【1分動画】

障害のある人やお年寄りは避難所までの移動が大変かも。事前に避難経路を下見して、どんなリスクがあるのか把握することが大切です。経路を確認する際のポイントを紹介します。

避難経路の事前確認

避難経路の事前確認

お年寄りや障害がある人など移動が難しい人は普段、どんな備えをすればよいのか。安全な避難経路を確認するときのポイントをご紹介します。

個別避難計画作りのポイント

個別避難計画作りのポイント

お年寄りや障害がある人たちの中には避難時、支援を必要とする人も。国はすべての市区町村に対して、一人ひとりの事情に合わせた個別避難計画の作成を努力義務としています。先進地の取り組みから、ポイントをお伝えします。

バリアの無い避難所作り【1分動画】

バリアの無い避難所作り【1分動画】

お年寄りや障害のある人は避難所で、様々な配慮を必要としています。誰もが過ごしやすい避難所を作るためのポイントを紹介します。

要支援者のための避難所

要支援者のための避難所

お年寄りや障害がある人など「要支援者」とも呼ばれる人たちは、避難所で支援を必要する場合があります。誰もが過ごしやすい避難所作りのポイントをまとめました。

避難の際は”声かけ”を【1分動画】

避難の際は”声かけ”を【1分動画】

2018年の西日本豪雨では、多くの人が近所などの「声かけ」によって避難しました。移動が難しいお年寄りや障害のある人がいたら、声をかけましょう。

地域でできる声かけ

地域でできる声かけ

お年寄りや障害がある人など、避難時に支援を必要とする人たちの命をどう守るか。私たちができることは何でしょうか?そのポイントをご紹介します。

災害時 健康を守る「エコノミークラス症候群」【1分動画】

災害時 健康を守る「エコノミークラス症候群」【1分動画】

避難所や車中泊などでは、エコノミークラス症候群のリスクがあります。必ず行って欲しい対処法です。

災害時 健康を守る「高齢者の方へ」 【1分動画】

災害時 健康を守る「高齢者の方へ」 【1分動画】

被災したあと、体を動かさない状態が続くと、体力や認知機能が低下します。健康を維持するためにできることとは?

災害時 健康を守る「認知症」【1分動画】

災害時 健康を守る「認知症」【1分動画】

過去の災害では、認知症の人は環境の変化やストレスにより症状が急激に悪化。認知症の人と家族が災害を乗り越える方法は?

災害時 健康を守る「糖尿病」【1分動画】

災害時 健康を守る「糖尿病」【1分動画】

災害時、糖尿病患者は血糖コントロールが困難になることも。お薬手帳はスマホで撮っていつでも情報を持ち出せるように。非常食の糖分にも注意!

災害時 健康を守る「高血圧」【1分動画】

災害時 健康を守る「高血圧」【1分動画】

災害時、高血圧が引き金となる重大な病気が急増します。避難中、血圧が上昇しやすい意外な原因と対策です。

災害時 健康を守る「エコノミークラス症候群」

災害時 健康を守る「エコノミークラス症候群」

避難所や車中泊など窮屈な環境で起きるエコノミークラス症候群。なぜ災害のたびに犠牲者が相次ぐのか。急激に症状が悪化する知られざるリスクと、現場で必ず行って欲しい対処法を伝える。

災害時 健康を守る「高齢者の方へ」

災害時 健康を守る「高齢者の方へ」

災害時、特に高齢者は健康悪化のリスクにさらされる。窮屈な避難生活や、被災の喪失感で動けない状態が続くことが、体力や認知機能を低下させる。健康維持に大切なのは、ささいなことでいいので、役割を持つこと。

災害時 健康を守る「認知症」

災害時 健康を守る「認知症」

過去の災害では、認知症の人は環境の変化やストレスにより「イライラ」「徘徊(はいかい)」などの症状が急激に悪化。周囲への気遣いも加わり、家族の疲弊も問題に。認知症の人と家族が災害を乗り越える方法を伝える。

災害時 健康を守る「糖尿病」

災害時 健康を守る「糖尿病」

災害時、糖尿病患者は悪化のリスクにさらされる。非常食の糖分が多い上、混乱の中薬を持ち出せず種類も分からない状況で、血糖コントロールが困難に。お薬手帳をスマホで撮影し情報を常に携帯するなどの備えが大切だ。

災害時 健康を守る「高血圧」

災害時 健康を守る「高血圧」

災害時、高血圧が引き金となる重大な病気が急増する。阪神淡路大震災の被災地では脳卒中の死亡者が前年の2倍近くになった。避難中、血圧が上昇しやすい意外な原因と対策を伝える。

水害時の教訓「車避難の注意点」

水害時の教訓「車避難の注意点」

災害時は、徒歩での避難が原則です。しかし、要支援者がいる場合は、車を利用せざるを得ない場合もあります。どのような心構えが必要なのか体験者の証言から考えます。

水害時の教訓「避難マップづくり」

水害時の教訓「避難マップづくり」

大規模な土砂災害あった広島県では、住民たちがハザードマップをもとに独自の「避難マップ」を作りました。実際に体験したからこそわかる、防災のノウハウをお伝えします。

台風の接近がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

台風の接近がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

外国人にとって地図や地名は難しいもの。自分たちの住む場所がわからず、台風の進路予想図が理解できない人も。どう伝えればいい?

「学校のお知らせ」がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

「学校のお知らせ」がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

災害時に学校から来るメール。「保護者」「お迎え」といった言葉が理解できない外国人も。「やさしい日本語」で言い換えると…?

計画運休がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

計画運休がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

台風の際の交通機関の「計画運休」。知らずに出かけて外出先から帰れなくなる外国人も。計画運休をうまく説明するには?

津波警報がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

津波警報がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

外国人の中には津波への危機意識が薄い人もいます。お隣に住むタイ人一家が心配な亜美さん。津波からの避難をどう説明する?

大雨でどんな災害が来るかわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

大雨でどんな災害が来るかわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

外国人の中には大雨でどんな災害が起きるか知らない人も。隣に住むタイ人一家が心配な亜美さん。「浸水」・「土砂災害」をどう伝える?