平常時 の検索結果17件

非常用持ち出し袋の用意を!【1分動画】 

非常用持ち出し袋の用意を!【1分動画】 

いざという時のために、入れておきたいものとは?

避難スイッチ を決めておきましょう!【1分動画】

避難スイッチ を決めておきましょう!【1分動画】

川の水位など、身の回りの異変から、逃げるタイミングをあらかじめ決めておきましょう。

ハザードマップ活用で安全な避難を

ハザードマップ活用で安全な避難を

長靴はNG!避難をするときの服装は?避難場所に向かう際に注意することは?安全な避難のポイントをまとめました。

非常用持ち出し袋 すっきり収納術

非常用持ち出し袋 すっきり収納術

避難時の非常用持ち出し袋について。中に入れ準備しておく物とすっきりとした収納術をお伝えします。

マイ・タイムライン作ってみた

マイ・タイムライン作ってみた

住民一人ひとりが避難のタイミングを事前に決めておく「マイ・タイムライン」。記者が実際に作ってみました。

台風の接近がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

台風の接近がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

外国人にとって地図や地名は難しいもの。自分たちの住む場所がわからず、台風の進路予想図が理解できない人も。どう伝えればいい?

「学校のお知らせ」がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

「学校のお知らせ」がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

災害時に学校から来るメール。「保護者」「お迎え」といった言葉が理解できない外国人も。「やさしい日本語」で言い換えると…?

計画運休がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

計画運休がわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

台風の際の交通機関の「計画運休」。知らずに出かけて外出先から帰れなくなる外国人も。計画運休をうまく説明するには?

大雨でどんな災害が来るかわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

大雨でどんな災害が来るかわからない/“やさしい日本語”で助けあおう

外国人の中には大雨でどんな災害が起きるか知らない人も。隣に住むタイ人一家が心配な亜美さん。「浸水」・「土砂災害」をどう伝える?

ハザードマップはなぜ大事?【2分動画】

ハザードマップはなぜ大事?【2分動画】

ハザードマップの確認は、なぜ大事なのでしょうか?ハザードマップの意味や見方を2分にまとめました。まわりの人にもぜひ伝えて下さい!

ハザードマップを見てみよう!【1分動画】

ハザードマップを見てみよう!【1分動画】

命を守るためには早めの避難が大切です。自宅やよく行く場所のハザードマップを確認しましょう。浸水の深さもチェックを!

ハザードマップで地域のリスクを確認しよう

ハザードマップで地域のリスクを確認しよう

ハザードマップは、洪水や土砂災害のリスクがある場所を示した地図です。地域のリスクを知ることは、災害から命を守るための第一歩。ハザードマップでリスクを確認する方法を紹介します。

水害時の教訓 「第2の避難場所」を決めよう

水害時の教訓 「第2の避難場所」を決めよう

水害時、行政が指定した避難所に行くことができない場合はどうしたら良いのか?いざという時のために「第2の避難場所」を地域ぐるみで準備し、住民全員が無事に助かったという人たちの体験談を紹介します。

想定外の水害が起きたらどうする?

想定外の水害が起きたらどうする?

温暖化によって雨の降り方が大きく変わるなか、 “想定外”の水害に備えるためには、どうしたらいいのでしょうか?自分だけは大丈夫、という思い込みを捨てて避難し、命を守るために必要なことを専門家が伝えます。

水害時の教訓 「避難スイッチ」を決めよう

水害時の教訓 「避難スイッチ」を決めよう

水害から身を守るために重要なのは、早めの避難。どんな状況になったら逃げるのか、あらかじめ決めておく「避難スイッチ」という取り組みがあります。「避難スイッチ」の決め方や行動に移すポイントを、水害の経験者が伝えます。

命を守るために 備えませんか?

命を守るために 備えませんか?

水害は、時に人の命をも奪います。大切な人の命を守れるか?自分の命を守れるか?いざという時に焦らず行動し、確かな対策を取れるように、いまから備えませんか?あなたに届けたいメッセージです。

水を正しく恐れよう

水を正しく恐れよう

私たちの命を支えてくれる水。でも、時に水は強い力を持って私たちを襲います。少しの油断が、命取りになりかねません。水を「正しく恐れる」ために。水害のこと、もっと学びませんか?あなたに届けたいメッセージです。