洪水予測システムでより的確な避難へ

「洪水はいつどこで起きるのか。事前に知ることで、一人でも多くの人を水害から守りたい」今、研究者が、最大39時間前にピンポイントで予測するシステムを開発、自治体と挑戦を始めています。