COLUMN

綾瀬はるかさん「第二のふるさと」ー福島とつながり続けてー

2023.10.14 :

東日本大震災と原発事故の翌年に放送された大河ドラマ「八重の桜」。

 

時代に翻弄された幕末の会津で、さまざまな苦難を乗り越えて立ち上がり、新しい時代をたくましく生きた主人公・山本八重をはじめとする登場人物らの姿を、震災と原発事故で被災した福島、東北の復興に重ねました。

 

主演をつとめたのは俳優の綾瀬はるかさん。ドラマの放送から10年がたったことしも「会津まつり」に参加するなど、福島県とのつながりを持ち続けています。綾瀬さんが福島とつながり続けることへの思いを、インタビューで聞きました。

(福島放送局・山内彩愛)

記事はこちらから

山内彩愛の最新記事
ご意見・情報をお寄せください

福島放送局

山内彩愛

大学で福島の復興について学び、被災地を訪れたことがきっかけで震災取材に関心を持つ。学生時代には神奈川県から出向いて会津まつりにも参加した。趣味はドラマ鑑賞で、ロケ地巡りをするほどのめり込むことも。

山内彩愛記者の記事一覧へ

記事の内容は作成当時のものです

COLUMN一覧に戻る