NEWS

国立の博物館がなぜ?科博がクラファン実施 その背景は

2023.08.10 :

動植物や化石など、国内外のさまざまな標本を収集し、国内最大規模のコレクションがある国立科学博物館。

財政のひっ迫を改善するために、クラウドファンディングで1億円を募ると発表しました。

国立の博物館が、なぜクラウドファンディングに踏み切ることになったのか。
その背景と現状を詳しくお伝えします。

(水戸放送局 國友真理子、科学文化部 山内洋平)

記事はこちら

 

(関連ニュース)

国立科学博物館 クラファン開始1日余で3億円超に

国立科学博物館 クラファン 7億円超集まる 一部を他館支援に

ご意見・情報をお寄せください

水戸放送局・記者

國友真理子

2016年入局。

2021年から水戸局で県政担当。

茨城では、原子力から文化まで幅広く取材。

國友真理子記者の記事一覧へ

科学文化部記者

山内洋平

2011年入局。佐賀局を振り出しに青森局、札幌局を経て科学文化部。量子コンピューターなど大型研究プロジェクトからタンポポといったニッチな分野まで幅広く取材。青森でおもしろさに気づいた縄文時代、日本の民俗風習にも興味があります。

 

山内洋平記者の記事一覧へ

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る