STORY

アカデミー賞にノミネート ロケ地でも“期待”

2022.02.09 :

アメリカ映画界、最高の栄誉とされるアカデミー賞。

 

最も重要とされる作品賞をはじめ4つの部門で候補としてノミネートされたのが映画「ドライブ・マイ・カー」です。

 

村上春樹さんの短編小説が原作のこの映画。

実は、多くの場面が広島県内で撮影されました。

 

アカデミー賞への期待と、ロケ地に選ばれた背景を、広島で取材しました。

「ぜひ受賞してもらえたら」

「安芸灘大橋」(ロケ地の大崎下島に向かう橋)
広島県呉市の大崎下島では、舞台俳優の主人公が、公演を前に宿泊する場面が撮影されました。
島の人たちからは、こんな声が聞かれました。
大崎下島の住民
「ちらっと見た、西島さんをここで」
「そりゃもう、ぜひ受賞してもらえたら、うれしい」

映画にちなんだ写真展も

為政久雄 社会教育主事
アカデミー賞への期待は、ほかのロケ地でも高まっています。
その1つ、広島市安佐南区の安公民館では、映画のロケにちなんだ写真展が開かれています。
安公民館の駐車場などで撮影が行われたからです。

公民館の為政久雄さんたちは、訪れた人に映画の雰囲気を楽しんでもらいたいと考えています。
(為政久雄 社会教育主事)
「おととしの12月にロケがあったときの撮影風景をパネルで展示しました。駐車場を使いながら名シーンを撮っていただくことができました。ロケが行われたところを、たくさんの人が見に来てくれるんじゃないかなと思ってすごく期待をしています」
ⓒ2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
広島県内のロケ地は、およそ20か所に上りました。

当初、この映画は韓国で撮影される予定だったそうです。
しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止となり、撮影場所の候補に複数の都市の名前が挙がりました。
広島フィルム・コミッション 西﨑智子さん
映画の撮影に協力する団体、広島フィルム・コミッションの西﨑智子さんは、なんとかロケを誘致しようと、濱口監督を広島に案内しました。
(西﨑さん)
「まだ台本が出来ておらず、広島が選ばれるかどうかも分からない段階で、監督に『ちょっとおもしろい場所に連れて行ってほしい』って言われました。よりどころがないんですけれど、もう自分の好きなところにっていうことで、ご案内させていただきました」

「広島はぴったりだと思う」と監督は言った

濱口竜介 監督 (ⓒ2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会)
西﨑さんが案内した場所の1つが、広島市の中区にあるゴミの焼却施設「中工場」です。
西﨑さんは、このゴミ焼却施設が広島市の平和公園へとつながる「平和の軸線」の上にあると紹介し、それが広島が選ばれる決め手になったといいます。
(西﨑さん)
「傷を負った男性が再生していく物語なので、傷を背負った広島が復興を遂げているっていう、そういった町はまさにぴったりだと思うと、監督はおっしゃっていました」

「この映画は“宝物”」

ⓒ2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
広島の景色がたくさん登場する「ドライブ・マイ・カー」。
西﨑さんも、アカデミー賞の受賞に期待を寄せています。
(西﨑さん)
「広島で撮っていただいたので、すべて宝物なんですけど、海外で受賞するごとに、国内外でどんどん観客の数が増えていくのがうれしい。広島の魅力が、映画を通じて多くの人たちに伝わるといいなと」
ノミネートが発表されたあと、西﨑さんのもとには広島県内のロケ地などから喜びのメッセージが寄せられたそうです。

ロケ地の人たちは、受賞の発表を心待ちにしています。

福島由季の最新記事
    ご意見・情報をお寄せください

    広島拠点放送局 放送部

    福島由季

    民放の記者などを経て2020年4月に入局。広島出身。

    生活に身近な経済の話題や、原爆取材を担当。

    「ドライブ・マイ・カー」は、もちろん鑑賞済み。

    映画で登場する瀬戸内の景色や平和公園、家の近くのトンネルなど、ふるさとの風景の中で展開される物語に、3時間の上映時間をあっという間に感じました。

    映画のシーンを思い浮かべながらドライブを計画中。

    福島由季記者の記事一覧へ

    記事の内容は作成当時のものです

    SPECIAL一覧に戻る