STORY

ショパンコンクール 激戦の舞台裏
2人の幼なじみでつかんだ栄冠

2021.11.18 :

ピアニストが目指す世界最高峰の舞台、「ショパン国際ピアノコンクール」。

 

ことし、日本人の反田恭平さんと小林愛実さんが、2位と4位に同時入賞するという快挙を成し遂げました。

 

2人は小学生からの幼なじみ。

ともに天才少年・天才少女として10代から頭角をあらわし、いまや日本を代表するピアニストとして活躍しています。

 

今回NHKでは、3週間にわたるコンクールへの挑戦に密着。

幼なじみの2人が、互いに励まし合いながら挑んだ夢の舞台裏に迫ります。

ショパン国際ピアノコンクールとは

画像提供 国立ショパン研究所
「ピアノの詩人」と呼ばれるフレデリック・ショパンの故郷、ポーランドのワルシャワで5年に1度開催される「ショパン国際ピアノコンクール」。

世界中のピアニストが目指す最高峰の舞台です。

ことしは、出場資格のある16歳から30歳までの500人以上から応募がありました。

書類や音源などの審査で1次予選に進めるのはおよそ80人。3次まである予選をくぐり抜けて本選に進めるのはわずか10人程度という、過酷な大会です。

演奏されるのはショパンの曲だけ、というルールがあります。

反田さんがコンクールに挑むまで

反田さんの1次予選が始まった、10月4日の朝。

にこやかな表情で会場に姿を見せました。
反田恭平さん
「メンタルは絶好調、フィジカルはSOSO(まぁまぁ)ですね」
大舞台を前に、ひょうひょうと振る舞う反田さん。

小学生の頃に通っていた音楽教室で講師を務めていた鈴木ますみさんによりますと、意外にもおとなしい男の子だったといいます。
「表だって目立つようなタイプではなく、ふわふわした優しい雰囲気の男の子でした。いまとは印象が違います(笑)真面目で黙々と練習するタイプでした」
ただ、当時からピアノの腕は目を見張るものがあったといいます。
「オペレッタの発表会で反田君が歌うシーンがあったのですが、音を全く外さなかった。耳が良いんだと思いました。小学4年生の頃のピアノの発表会では、私は会場の外にいたのですが、漏れてくる音だけで反田君と分かる。演奏中はホールに入れないのですが、とにかく上手な子が弾いていると、周りも聞き耳を立てていたのを覚えています」
反田さんが一躍脚光を浴びたのは、2012年。

当時高校3年生でしたが、日本の最高峰の舞台「日本音楽コンクール」のピアノ部門で1位になったのです。
第81回 日本音楽コンクール ピアノ部門で演奏する反田さん
その後、世界に活躍の場を広げ、各国のオーケストラと共演して数々のコンサートを成功させてきました。

そんな反田さんが、いつまでも納得できる演奏が出来なかったというのが、ショパンの曲です。

ショパンという高い壁に向き合おうと、4年前にワルシャワのショパン音楽大学に留学。

研さんを積み重ね、27歳となったことし、最後のチャンスとしてコンクールへの挑戦を決めたのです。
「僕もショパンが好きではあるけども、好きと得意は別で、納得できる演奏ができなかったんです。4年間で成長できたあかしを、ここで何か残せたらいいよなというのは、本当にいま一番強い思いですね」(反田さん)

小林さんがコンクールに挑むまで

小林愛実さん
小林さんは、前回のショパンコンクールにも出場し、本選に進んだ日本人唯一のピアニストです。

山口県出身の小林さんは、幼い頃から、その天賦の才能を開花させてきました。

小林さんを8歳から教えてきた二宮裕子さんは、演奏を初めて聞いたとき、年齢に似つかわしくない豊かな表現力に驚いたといいます。
二宮裕子さん
「ある日、愛実のお母さんから娘を教えてくれないかという電話がかかってきました。年齢を聞いたら8歳というから、私は小さな子を教えていないので断ったんです。その後、私の教え子が出ているコンクールを見にいったら、とても小さな女の子が出てきて、それが愛実でした。椅子によじのぼって演奏を始めると、表現力がすごい。しかも速いところでも指が正確なんです」
当時8歳の小林さんは、高校生まで出場するピアノコンクールで見事に優勝。

二宮さんは前言を撤回し、レッスンを受け持つことにしました。
2004年ピティナ・ピアノコンペティションJr.G級で演奏する当時8歳の小林さん
しかし、山口県からレッスンのため飛行機で東京に通えるのは、多くても月に2回。

この状況に限界を感じていた二宮さんは、夫が管理人を務めるマンションの一室が空室になると、そこの一部屋を防音室に改装しました。

一家を東京に呼び寄せ、連日のように小林さんを自宅に招いて特訓するようになったのです。

小林さんは、めきめきと腕を上げ、数々のコンクールで最年少記録を塗り替えていきました。

二宮さんは、当時の小林さんの天才ぶりに、手を焼いた面もあるといいます。
「私が弾いてやるでしょ、するとその真似は早いんですよ。そんなにやらなくてもというくらいオーバーに表現して、言った通りのことがすぐ出来るんです。本番前の最後の3日間で曲を仕上げちゃうので、全然練習してくれなくて困りました(笑)」
しかし、圧倒的なピアノの才能を持つ小林さんでも、前回のショパンコンクールでは入賞を果たせませんでした。

2回目の挑戦で、前回より順位を落とせばピアニストとしての評価に関わります。

それでも今回、前回の自分を超えたいと、出場を決めたのです。
「前回はただのファイナリストだったので、もう一回挑戦してもいいかなと。他のコンクールよりも、1番プレッシャーを感じるコンクールだと思います。リスクしか無いことは分かっています。でも、追い込まれると燃えてくる」(小林さん)

コンクール中の2人は

コンクールの間、反田さんと小林さんは、何度も声をかけあい、お互いを励ましあっていました。
毎日、夜まで練習して食事も共にし、朝からコーヒーを飲みに行くなど、8時間以上顔を合わせない日はないというくらい、ずっと同じ時間を過ごしたといいます。

コンクールでは、緊張から本来の実力が発揮できないピアニストもいます。

幼なじみがそばにいるおかげで、2人は、リラックスして演奏に臨めたのです。
「僕が練習していると、小林さんがちょこっとだけ練習室の扉を開けて、隙間に顔を挟んで真顔でこちらを見ていたときは、本当に怖かったです(笑)僕もやりかえしました。あえてそういうことをやって、笑顔が絶えないような空間をお互いに作りたかったんだと思います。けっこう笑いこけた1か月でもありました」(反田さん)
「気分が落ち込んでいるときに顔を見ると和んだし、隣で反田君が頑張っているのを見ると、私も頑張ろうと思えました」(小林さん)

2人の天才の素顔

2人の高校時代の先生で、ショパンの演奏解釈などを教えていた音楽評論家でピアニストの下田幸二さんに、それぞれの当時の印象を語ってもらいました。
下田幸二さん
「反田君は高校3年生の日本音楽コンクールで1位になったとき、平行して文化祭のミュージカルの主演も務めていました。普通、コンクールの1か月前は学校なんか来るもんかと思っているものですよ。ピアニストは他者と繋がりを持たずに自分の演奏に集中する人が多いですが、彼は色々な経験をエネルギーに変えていく。卒業後も、忘れた頃に反田君から突然メールが来るんです。自分からいろんな発信をしてリアクションをもらいながら、演奏を研ぎ澄ませていくタイプだと思います」
一方、天才少女として幼い頃から有名だった小林さんとの初めての出会いは、中学生の頃だったといいます。
「本当に生意気な子で(笑)曲の理解を深めてもらうために、ショパンと女流作家のジョルジュ・サンドの関係について話していたら、“えっ不倫?”って聞くんですよ!でも、話を聞いていないわけじゃない。むしろ本当に人の話をよく聞いている子でした」
下田さんによると、2人が卒業した桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)は、「音楽以外は何をやってもいい」という自由な校風だったといいます。
「人前に出て弾くのだから自己主張は強い方がいい。上手い学年ほどよく喋るんです。2人も厳しく教えられたこともあると思いますが、教えられたとおりには弾くものかと思っていたと思います。むしろ、そう思っていなければダメ」
反田さんと小林さんは、伸び伸びとした環境で音楽漬けの日々を送り、それぞれの強みを伸ばしていきました。

ショパンの心に迫る

コンクールの3次予選、本選進出が決まるセミファイナルは、55分という持ち時間でどの曲を選び、どう構成するか、音楽家としての総合力が問われます。

反田さんはこの舞台で、「神よ、ポーランドを」と名付けられた聖歌を、構成の軸に据えました。

ショパン自身、譜面になることを想定していなかったため、弾き方の指示さえ書かれていない無名の曲です。

反田さんは、セミファイナルの選曲に悩んでいたとき、ふと立ち寄ったポーランドの教会で、この曲に出会ったといいます。
ボタンを押すと「神よ、ポーランドを」が流れるベンチ
「教会の前にある大理石の椅子のボタンを押すとこの曲が流れてきて、こんな良い曲、素敵な曲があるんだと思いました。留学しなければ出会わなかった曲のひとつです」
ポーランドに生活の拠点を移してから4年。

反田さんはショパンの曲に挑むため、現地のショパン博物館で自筆の楽譜を見学したり、ショパンが遺した膨大な手紙を読んだりして、その表現に迫ろうと模索を続けてきました。
その中で出会ったこの曲に、誰よりも祖国を思い続けたショパンの心が込められていると感じたのです。

挫折を乗り越えて

小林さんは、2次予選の通過が決まったあと、カメラの前でこう話してくれました。
「次の3次予選は、ソロでは最終ラウンドじゃないですか。なので、最後は楽しく弾けたら嬉しいなと思います。ショパンらしく、自由に、美しく歌い上げながら演奏できたらいいなと」(小林さん)
楽しく、自由に弾きたい-。

その言葉の裏には、ある挫折がありました。

10代後半のころ、天才少女として期待されるプレッシャーのなか、ピアノを弾く意味を見失いかけていたのです。
メディアに囲まれる小林さん
「小さい頃から周りが期待してくれていたけど、私はそこまで自分に自信がなくて。ピアノを弾いていても楽しくなくて、周りに言われてやり続けているのか、それとも自分がやりたくてやっているのか分からなくなって。本当にピアノをやめようと思った」
小林さんは17歳のとき、環境を変えようとアメリカに留学。

そこでも、ピアノを弾く意味が見いだせない日々が続いたといいます。

その暗闇から救い出してくれたのが、ショパンコンクールとの出会いでした。
「ショパンと向き合う時間が増えると、私にはまだまだ勉強しなきゃいけないことがたくさんあるんだなと気づけてきて、楽しくなってきたというか。久しぶりにステージが楽しいという気持ちが味わえました。ショパンに向き合って、自分が思うショパンを演奏すれば良いのかなと思います」(小林さん)

役者になって…ショパンとの対話

そして始まった、セミファイナル。

小林さんが選んだ曲は、「24のプレリュード」。

およそ45分間で、24の個性豊かな曲を自在に弾きわける、表現力の問われる作品です。
「すごく自由で、個性豊かな作品たちがたくさん登場する曲。自分に合っている作品で、弾いていると役者になっている気分になります」
提供 国立ショパン研究所
その演奏は、円熟味すらある、抑制された大人のショパンでした。

自分らしい演奏とは何か。

悩み抜いたかつての天才少女は、この大舞台で、ショパンが遺した曲と対話しながら答えを見つけだそうとしているようでした。

演奏後のインタビューで、小林さんの目には涙がにじんでいました。
「何で泣いているんだろう。どうしても楽しんで弾きたかったんです。自分の中では楽しめたから、私はいま、それがすごく嬉しい」

ショパンの祖国への思いを

一方、反田さんのセミファイナル。

曲の序盤、ショパンが大国から攻め込まれるポーランドの絶望を描いたと言われる「葬送」が始まると、会場は不穏な空気に包まれます。

嵐のような超絶技巧のフレーズが続き、最後は壮絶な死を遂げるように、最大音量で曲を締めくくります。

天を仰いだあと、汗を拭い、一呼吸を置いて始まったのが、聖歌「神よ、ポーランドを」でした。
提供 国立ショパン研究所
まるで教会で少女が祈るように静かに始まったこの曲は、大国に蹂躙される絶望の中でわずかな希望を見いだそうとする、ショパンの祖国への思いを表現していました。

続く最後の曲は、「英雄ポロネーズ」。

少女の祈りが届いたかのようにポーランドの勝利を高らかに謳い上げ、会場の心をわしづかみにしました。

演奏を終えたあと、拍手がいつまでも鳴り止みませんでした。

2人は、それぞれの持ち味を発揮した演奏で、本選進出を決めました。

2人の進化

現地で演奏を聴いた下田さんは、2人の音楽家としての成長ぶりに目を見張ったといいます。
「反田君は、タッチの切れ味が大変優れていました。1つ1つの音が際立っているんです。下手な人が弾くと、ピントの合わないぼやけた写真みたいになるところを、高解像度の写真のように、キレのある曲にしていました。無名の曲を大胆に使う思い切ったこともたくさんやっていたけど、ピアノを弾く能力、楽譜を正しく解釈する能力も含めて、オールマイティーなピアニストとして評価できると思います」
一方、小林さんは、前回のコンクールからの進化を感じたといいます。
「前回の彼女を知っている人のなかには、なんという成長ぶりだと驚いている人もいました。6年前の前回は天真爛漫な感じでしたが、今回は見ていて心配になるくらい、シリアスな演奏でした」
小林さんの演奏には、唯一無二の魅力があったといいます。
「彼女の長いフレーズは独特で、ほとんど身体を動かさずに息を保ったまま弾く。聴いている側も、思わず同じように深く息を吸い込んで身動きせずに聴いてしまうんです。すると、どんどん彼女の演奏に集中して、引き込まれてしまう。まるで魔法使いのようでした。現地の人は、“彼女は何かを持っている!”としきりに言っていました(笑)」

年を取っても2人でピアノを

ファイナルの課題曲は、管弦楽団と共演するピアノ協奏曲です。

オーケストラとの演奏経験も豊富な2人は、ここでもそれぞれの魅力を最大限に発揮。

見事、2位と4位のダブル入賞を果たしました。
喜びを分かち合う反田さんと小林さん
コンクールが終わって3週間あまりが経ち、反田さんに改めてインタビューすることが出来ました。
「長い年月待っていたステージだったので、ファイナルでの演奏は夢を達成できた瞬間で一番幸せでした。コンクールの後は、僕の存在を知ってくれる方が増えたなと実感しています。コンクールをきっかけに、日本でのクラシック音楽の発展や注目度の向上につながれば嬉しいですし、未来の音楽家たちにバトンタッチができればいいと思っています」
力をあわせて栄冠を勝ち取った幼なじみ同士は、またそれぞれの道を歩むことになります。

2人はこれからどうするのか。

最後は茶目っ気たっぷりに話してくれました。
「笑いながら話していることですが、将来おじいちゃんとおばあちゃんになって、さみしかったら一緒に暮らそうねと冗談で言い合うことはあります。一緒にピアノを弾きあって。なによりも、お互い伸び伸びと演奏活動を続けられたら、それが一番の幸せじゃないかと思います」
ショパン国際ピアノコンクールに関しては、11月18日(木)午後10時からのクローズアップ現代+「ショパンコンクール 快挙の舞台裏▽反田恭平と小林愛実」でも詳しくお伝えします。

放送後もこちらのNHKプラスで1週間配信されます。

ご意見・情報をお寄せください

科学文化部記者

加川直央

学生時代はバンドに明け暮れ、就職活動で見事に全敗。

あまりに世間知らずだったことに愕然として逆方向に針が振れ、ギターをペンに持ち替えて記者を目指す。

Webメディアやデータジャーナリズムの台頭を目の当たりにする中、動画の可能性を感じて2015年にNHK入局。

初任地の京都では、漫画やアニメの原画、レトロゲームの保存と継承の問題について取材。ファミコンの開発責任者だったレジェンド、上村雅之さんにインタビューしたことが良き思い出。

科学文化部では、主に映画とITを担当。これまでに濱口竜介監督の演出論や、クリエイターを支援する”NFT”の特集などを制作。

ものづくりする人が楽しく暮らせる社会を目指して取材中。

メディアの未来と文化全般に関心があり、好きなものはSF小説とお笑い芸人のラジオとTwitterの炎上ウォッチ。

隙あらばゲームをしています。現在の推しバンドは家主。

加川直央記者の記事一覧へ

記事の内容は作成当時のものです

COLUMN一覧に戻る