NEWS

フェイスブック プライバシー保護重視へ

2019.05.01 :

世界最大の交流サイトを運営するフェイスブックのザッカーバーグCEOは、大量の個人データが流出した問題を踏まえ、プライバシーの保護を重視する姿勢を改めて強調しました。

アメリカのフェイスブックは、個人データのずさんな管理が相次いで明らかとなり、セキュリティー対策の強化を求める声が強まっています。

ザッカーバーグCEOは30日、カリフォルニア州サンノゼで開いている開発者向けのイベントで基調講演を行い、「世界の誰とでも簡単につながることができる一方で、これまで以上に親密さが求められている。これからはプライベートなやり取りが重要だ」と述べて、個人データを幅広く共有できるこれまでの形から、少人数のグループでより安全にメッセージをやり取りする形に重点を置くと発表しました。

またザッカーバーグCEOは「わが社が現在、必ずしもプライバシー保護で強い信頼があるわけではない」と認めたうえでプライバシーの保護を重視する姿勢を改めて強調しました。

さらにフェイスブックは、傘下の写真や動画の投稿アプリ「インスタグラム」で買い物ができる機能や、対話アプリの「ワッツアップ」で簡単に送金できる機能を導入することも発表しました。
ご意見・情報をお寄せください

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る