スマホ4年縛り 何が問題?|サクサク経済Q&A| NHK NEWS WEB

Q&A76

IT|

スマホ4年縛り 何が問題?

スマートフォンを4年間の分割払いで販売する「4年縛り」と呼ばれるプランについて、公正取引委員会は携帯電話会社に是正を促す方針です。携帯会社はスマホをお得に買うことができる、とうたっていますが、なにが問題なんでしょうか?

僕もそろそろスマホを買い替えようと思っているんですけど、「4年縛り」は、そもそもどんな販売プランなんですか?

最新のスマホを“半額”で買うことができると携帯会社が宣伝しているプランなの。auを展開するKDDIと、ソフトバンクが、最新のiPhoneなどの端末を対象に行っているわ。

プランでは、まずスマホの端末を4年間の分割払いで購入するという契約を結ぶの。そうすると、購入から約2年後に機種変更したとしても、1台目の端末を返して、また同じ4年間の契約を続ければ、1台目の残り2年分の代金は支払わなくてもいいの。だから携帯会社は半額で買えると言っているの。

スマホって、新しいものが次々に出るから、買い替えたくなることもあるじゃない。だから、4年契約なのに2年で更新ができるようにしているの。

最新のスマホがお得に使えるんだったら問題ないんじゃないですか?

携帯会社に聞いたけど、確かにこのプランは人気みたい。高額なスマホも出ていて、今だと10万円を超える端末もあるくらいだから、分割払いで、しかも半額になると言われると、魅力的なプランだと思うわね。

その一方で、問題も指摘されているの。
まず途中で解約すると、残りの代金すべてを一括で払わないといけなくなるの。

そして2年たったあとも、それぞれの携帯会社の同じプランに入らない場合は、同じく1台目の残りの代金は支払わないといけない。

こうした負担は、半額で買えると思っていた利用者にとっては思わぬ出費となる可能性があるわ。

さらに、2年ごとに同じプランに入って、契約を延ばしていくことを促しているわけで、ほかの携帯会社に乗り換えることを難しくしているといわれているの。

携帯会社ごとにさまざまな通信料金のプランもあるし、格安スマホも増えているのに、端末の契約で縛られて、自由に選べないのは不便ですね。

そうなの。だから、国も問題を指摘してるの。公正取引委員会は、消費者の選択を制限して、囲い込みにつながるので「独占禁止法上、問題となるおそれがある」と指摘している。

総務省も、携帯各社や販売代理店に、販売前の十分な説明を義務づける方針を示しているの。

スマホのプランって昔から複雑で、契約の時に理解しないまま加入してしまう人も多いと思うの。「4年縛り」も契約の内容をしっかり理解しないと、思わぬ出費を強いられることになるのはさっき説明したとおり。広告に踊らされず、自分にとって最適な契約プランが何なのかを、しっかりと見極めていかないといけないわね。

→ 経済おすすめコンテンツ

← 閉じる