想定 知識

大雪に備える 車の“立往生” 注意点や対策は?

冬型の気圧配置が強まる、南岸低気圧が近づくなど大雪のリスクが高まった時、気をつけたいのが車の「立往生」です。見通しがきかない吹雪「ホワイトアウト」が起きた時も危険性が高まります。

立往生にあわないためには?もしもの時はどうするの?ポイントをまとめています。

目次

    雪が強まっている中で車を使うとスリップ事故も起きやすくなり、立往生にもつながります。

    あなたの車の立往生が多くの車を巻き込むこともあります。不要不急の車の利用は控えてください。

    スリップ事故や立往生が起きやすい道路

    吹雪で見通しが悪い
    急激に雪が強まる
    冷え込む夜間や明け方
    道路脇などの吹きだまり
    わずかでも雪が積もった坂道

    やむをえず車利用の場合

    冬用タイヤやチェーンを装着
    速度を落とす
    急な「発進・ブレーキ・ハンドル」はダメ
    十分な車間距離を取る
    時間に余裕を持って行動
    車に非常用品を載せておく
     (防寒具・スコップ・水・食料・簡易トイレ)

    basic-knowledge_16_07

    立往生した場合

    basic-knowledge_20211215_01_02

    近くの安全な施設へ移動(可能な場合)
    なるべくエンジンを切る(防寒具着用)
    マフラー周りを除雪(排気ガス防ぐ)
    ※車を離れる場合…鍵は付けたままか、分かりやすい場所に 

    エコノミークラス症候群を防止

    basic-knowledge_20211215_01_03

    長時間同じ姿勢だと血流が悪くなります。定期的に体を動かすようにしてください。

    足の指を閉じたり開いたりする
    足首を回す
    つま先を引き上げ足首の曲げ伸ばし
    ふくらはぎや足首をマッサージ
    背伸びや上半身をひねる
    なるべく水分も補給
    ※体調が悪くなったら迷わず救助要請を

    ブラックアイスバーンにも注意

    気温が低くなると、路面が黒く凍っていないように見えても、表面の水分が凍結した状態になり、スリップ事故が起きる危険性もあるので注意が必要です


    ⇒【動画で見る】暴風雪 ホワイトアウトへの備え