カマラ・ハリスKamala Harris

上院議員

顔写真:カマラ・ハリス(Kamala Harris)

カマラ・ハリス氏は、西部カリフォルニア州出身。

上院議員を務めていて、現在、2期目。元検察官。

ジャマイカとインドからの移民の子として生まれた移民2世。
女性、移民、アフリカ系アメリカ人の候補。

大統領選挙に立候補したのは、2019年1月。カリフォルニア大学ロースクールを卒業後、検察官として活躍。2011年から6年間は、カリフォルニア州の司法長官を務めた。

ハリス氏は、みずからを「革新的な検察官」と呼び、司法長官時代は、警察改革などを進めてきた。その厳しい追及姿勢は、上院議員になってからも変わらず、トランプ政権の移民政策やロシア疑惑をめぐっても鋭く追及をしてきた。

6月に行われた民主党候補による討論会では、バイデン前副大統領の人種問題をめぐる過去の発言や政策を厳しく指摘し、一時、支持率を大きく上げた。
黒人候補ということで、オバマ前大統領に続けるかとの期待もあり、黒人有権者の支持をどこまで広げられるかが注目される。

ハリス氏は、2019年6月末までにおよそ2500万ドル、日本円にして27億円あまりにのぼる選挙資金を集めた。

ハリス氏は2019年12月3日、候補者指名争いから撤退すると表明。

(国際部記者 近藤由香利)