本当は地元で働きたい!就活生が考えたアイデアは?

2020年06月15日

地元愛がないわけじゃない。もし、WEBで説明会をしてくれたら、希望の職が地元にもあったら、もう少し給料が高かったら、地元で働くかもしれない。
地元就職希望者の割合が年々下がっていく中、就活生が考えた、地元就職希望者を増やすアイデア、いかがでしょうか?

就職情報会社マイナビが行った「2021年卒大学生Uターン・地元就職に関する調査」(調査期間:3月18日~4月6日、21年卒の大学生・大学院生7,263人が回答)で「あなたの地元で、地元(Uターン含む)就職を希望する人を増やすためのアイデア」を自由記入で尋ねたところ、全国から2000件以上のアイデアが寄せられた。

そのうち40文字以上の記述753件を分類したところ、主に

▽地元企業について知る機会(330件)

▽金銭的支援(185件)

▽働く環境、交通などの環境(238件)

に分かれた。それぞれの中身を見てみると、地元就職者を増やすための共通項が浮かび上がってくる。

 

▼地元企業について知る機会

地元を離れ、県外の大学に進学した学生にとって、一番のネックになっているのが情報の少なさ。

青森県出身で、現在和洋女子大学に通う学生は「あまりにも東北地方の企業の情報が少なすぎます」と嘆く。

この課題に対しては交通費と移動時間がかからないwebセミナーを積極的に取り入れるべきだとした意見が目立った。

・「WEB説明会などで今いる場所以外の企業の、生の情報を得る機会が多くあれば、変わると思います。時間を限定するのではなく、いつでも見られる説明会を始める企業が多くあればいいと思います」(兵庫県出身/早稲田大学)
・「地元から遠い大学に進学した場合、移動する時間と手間が非常にかかるためwebセミナーを積極的に取り入れていくことが重要である」(群馬県出身/新潟県立大学)

東京都ではあるが島の出身という学生からは、

・「大学でも島嶼求人はみたことがありません。面接などもウェブでやれば、船や飛行機を使わなくて済みます」(東京都出身/東洋大学)

という切実な願いも。

また、地元企業の合同説明会を都会でまとめて開いて欲しいという意見も多かった。

・「東京都心で、地元の就活セミナーの回数を増やす。また、地元で就職するメリットや地元の魅力を伝える」(兵庫県出身/創価大学)
・「都会で開催でもいいので、地方、地域別の説明会を増やして、その地方で働ける会社をイメージさせる」(和歌山県出身/大阪大学)

合同説明会が地元開催の場合は交通費がかかることから、

・「開催地が地元の場合は、地元企業の合同説明会や個別説明会を一定の期間内でまとめて開催してほしい。興味のある企業が多数あってもその都度帰省するのは経済的、時間的にも困難なため」(岡山県出身/北九州市立大学)

という要望も。時期については、帰省する人が多い夏休みや、1月開催などを提案している人がいた。

・「地元に帰るタイミングでもある成人式で地元企業も協賛でイベント開催、成人に配られる記念品でアピールするといった取り組みはどうだろうか」(愛知県出身/京都大学)

さらに、地方の企業ではまだまだ実施が少ない、インターンシップをもっとすべきという意見もあった。

・「インターンの積極的募集・受け入れをしてほしい」(佐賀県出身/長崎大学)
・「宿泊型インターンシップを開催する。インターンシップで仕事へのイメージをつかみ、宿泊することでその土地での生活を実感し、交通網や利便性などを知ることができる」(大阪府出身/宮崎大学)

全体として、地元企業のまとまった情報が得づらいことに対しては、

・「大学で開催される就活講座等で業界マップのようなものを、各都道府県別に作っていただけると助かります」(沖縄県出身/琉球大学)

といったアイデアも。

また、Uターン、Iターン就職では、実際に働いた時のイメージが浮かびにくいため、

・「地方ごとに分かれて地元就職をしたOB・OGの方とお話しする機会があれば良いと思います」(福岡県出身/日本獣医生命科学大学)
・「実際にUターン就職した社員がどうしてその決断をしたのかが、都市に出て行った就活生が最も興味を持つ点だと思う。実際にUターン就職をした社会人から話を聞けるような説明会や座談会は大変興味深い」(宮崎県出身/上智大学)
・「地域ごとに使われる生活費などの平均、各会社の年齢別(仕事歴)の給料なども知りたい。そうすれば、生活できるのか想像しやすいのかもしれない」(愛媛県出身/福山大学)

と、リアルな声を聞く機会を提案する人も多かった。

地元の企業を知るには、就活の段階では遅いと指摘する人も。

・「小学校や中学校などの時期に地元の企業と連携したイベントを開催するなど地域との繋がりをもつことで興味につながるのではないか」(千葉県出身/跡見学園女子大学)
・「高校生の時期から就職活動について意識させる。その際、地元自治体や地元企業に協力してもらう」(北海道出身/立命館大学)

最後に、こんなユニークな意見もご紹介。

・「結婚したい人が地元にいると、帰ろうかと考えると思います。一見就活と関係なさそうですが、そういうマッチング要素を取り入れた就活イベントがあると、興味をそそられる」(富山県出身/神戸大学)

就活生たちのアイデアいかがでしたか?

2)金銭的支援、3)環境は、近日公開予定です。

最近のニュース一覧

本当は地元で働きたい!就活生が考えたアイデアは?

2020年06月15日

内定のギモン (1)「内定」と「内々定」ってどう違うの?

2020年06月12日

「大学生の就職率98%」過去最高もコロナ影響で内定取り消し100人超

2020年06月12日

4割は対面しないまま内定 社風は、同期はどうなの?募る不安

2020年06月10日

就活もキーパーソンは「ママ」!?

2020年06月08日

就職内定率 厳しく・・・新型コロナによる活動制限影響か

2020年06月05日

リクナビ 企業説明会を7月末まで中止 新型コロナ

2020年06月04日

新型コロナでバイトの時給どうなった?

2020年06月02日

様変わりする就活 ~大手100社アンケートから読み解く

2020年06月01日

採用面接スタート 新型コロナ影響 企業にも 学生にも

2020年06月01日

コロナで就活が一転 売り手市場から買い手市場に?

2020年06月01日

テレワーク推進企業が転職希望者に人気 新型コロナ

2020年06月01日

企業が注目する“雇用シェア”

2020年06月01日

採用面接 大手損保 オンラインで対応も 新型コロナ感染防止

2020年06月01日

採用活動に“オンライン工場案内” 県外からの参加者増加 福島

2020年06月01日

大手企業 採用面接開始 コロナ感染防止でオンライン面接広がる

2020年06月01日

新型コロナで変わる就活 WEB面接のみで内定4割 NHK調査

2020年06月01日

ウィズ・コロナの就活 みんなどうしてる?

2020年05月29日

新型コロナ以後の世界は東京一極集中が変わる!?

2020年05月29日

USJ 採用活動を中止 新型コロナ対応で手が回らず

2020年05月29日

経団連 夏から秋に大学と共同で就職説明会を開催へ コロナ影響

2020年05月29日

国家公務員の採用 女性の割合36.8% 過去最高更新 内閣人事局

2020年05月29日

新型コロナを乗り越えよう!就活生のメンタルケア(4)落ち込みすぎないためには・・・

2020年05月28日

新型コロナで内定取り消しの学生ら臨時職員に採用へ 東京の7区

2020年05月28日