採用面接 大手損保 オンラインで対応も 新型コロナ感染防止

2020年06月01日

来年春に卒業する大学生などを対象にした大手企業の採用面接が本格的に始まり、大手損害保険会社も、新型コロナウイルスの感染防止のため、すべてオンラインで対応しています。

 

三井住友海上は、ことし全国でおよそ300人を採用する予定で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、最終面接まですべてオンラインで行うことにしています。

東京 千代田区の本社で1日に始まった面接では、社員が専用のブースに1人ずつ入り、パソコンやタブレット端末を使って行いました。

担当の社員は、学生が緊張しないよう、15分から20分の面接のうち3分の1程度は、採用とは直接関係のない雑談の時間とし、学生の魅力や人となりをどう引き出すか試行錯誤していました。

一方、学生とのネットワーク接続が安定せずに予定の時間に面接を始めることができなかったり、途中で音声が途切れたりするなどのトラブルもあり、会社は急きょ、携帯電話で面接を続けるなどして対応していました。

三井住友海上人事部の保坂宇衣課長は「学生と直接会えない中、どうすればその人を見極めることができるのか、かなり悩みました。画面上では熱意や志望度が伝わりにくいこともあるので、こちらから一つ一つ丁寧に話を聞き出したいです」と話していました。

“オンライン面接”とまどい感じる学生も

新型コロナウイルスで大きく変わった「就活」。就職活動の多くがオンラインとなったことに、とまどいを感じている学生もいます。

このうち、東京都内の大学に通う女子学生は、オンラインの採用面接は直接会って面接を受けるよりも心配事が増えると感じています。

相手に自分がどう映っているのかわからないため、印象が暗くならないよう、照明を顔に近づけたり、アルミホイルを下に置いて明かりを反射させたりして工夫しています。

しかし、通信トラブルは避けられず、ある企業のグループ面接で面接官の声が聞こえないトラブルに見舞われたということです。

女子学生は「私に質問があったようでしたが、相手の声が聞こえなくて、何度か自分の名前を呼ばれて気付いたのですが、『ぼうっとしている人だ』と思われていないか心配です。面接の機会を与えてもらえたのはありがたいですが、対面で話すのとは違って、熱意が伝わるのか、電波の状況が大丈夫か、心配事が増えてしまいます」と話していました。

また、女子学生は幼いころから空港のスタッフに憧れ、航空関連の企業を中心に応募していますが、航空会社で採用の中断や延期が相次いだことなどから、就職活動は思うように進んでいないといいます。

女子学生は「『延期しても選考自体は行います』という会社もありますが、そのあと何も連絡がなくて、自分の書類が選考を通過しているのかどうかもわかりません。連絡が来ないだけで、落とされているということもよくあるので、『自分はもう落選しているんじゃないか』と考え出すと、どうしたらいいかわからなくなります。応募先をできるだけ広げようとしていますが、あまり興味のない仕事や業界研究をしていない企業だと、書類を書く手が止まってしまいます」と話していました。

就活生の悩みに応える動きも

就活生の悩みや不安に何とか応えようという動きも出ています。

東京 世田谷区にある昭和女子大学は、新型コロナウイルスの影響で4月からキャンパスが出入り禁止となり、学生への就職支援を直接行うことができなくなったことから、先月下旬、無料で参加できるオンラインのシンポジウムを開きました。

企業の採用担当者に学生の不安や悩みに直接答えてもらおうというのがねらいで、パネリストとして家具などの販売大手、ニトリホールディングスや情報通信大手のNTTデータなど、さまざまな業種の企業が参加しました。

シンポジウムには、ほかの大学からも参加を希望する学生が相次ぎ、当初の予定の300人を大幅に上回る500人が参加したということです。

学生からはオンラインでの面接に関する質問が相次ぎました。

このうち「相手が自分のどこを見ているのか分からない」という質問に対し、採用担当者の1人は「評価している点は対面でもオンラインでも変わらない。ただ、熱意のようなものは伝わりにくいので、表情に気をつけたり、身ぶり手ぶりを交えたりして、いろんな人から意見を求めたほうがいい」と話していました。

また、「通信環境がよくなくて、面接官の声が聞こえなかった」という声に対し、人材サービス会社のアドバイザーは「トラブルが起きた時、どう対処したのかがそのまま評価につながる。焦らずに状況を丁寧に説明して、おわびをすればいい」と応えていました。

最後に、採用担当者の1人は「会社の中でもよく『できないからどうしよう』ではなくて、『できるためにはどうしたらいいんだろう』と考え直して議論している。今まさしく学生自身にそういうことが問われている。こういう時だからこそ、培ったものを存分に、面接や今後の人生に生かしてほしい」と訴え、学生たちを励ましました。

シンポジウムに参加した人材サービス会社の佐藤裕さんは「企業側も先行きが分からず、学生に必要な情報を十分発信できていない。それが学生の不安をさらにあおっている。企業が積極的に情報を発信していかないと、学生たちが露頭に迷うことになる」と話していました。

昭和女子大学キャリア支援センターの磯野彰彦センター長は「人に会うことができないなかで学生たちは不安を募らせています。戸惑いや不安を解消するため、大学や企業から動いていくしかない」と話していました。

最近のニュース一覧

「三菱スペースジェット」開発費さらに削減 納入不透明な状況

2020年10月23日

ファミリーマート上場廃止へ TOB成立受けて株主総会で承認

2020年10月22日

終電の時刻繰り上げ 来年春から首都圏17路線で JR東日本

2020年10月21日

全日空 国際線 再開の場合は羽田優先へ

2020年10月21日

コロナ禍でも実は人手不足?

2020年10月21日

ANAホールディングス 今年度 過去最大 5000億円規模赤字見通し

2020年10月21日

ニトリ 島忠の買収を検討 DCMとの買収合戦に発展する可能性も

2020年10月21日

企業から内定取り消しの学生 全国で130人 新型コロナが影響

2020年10月21日

これを読めばポイントが分かる! 2020年度 就活を総括

2020年10月20日

首都圏 新築マンション発売戸数 過去最低水準に コロナ影響

2020年10月20日

【好感度1位SONY編】企業の採用HP 学生の好感度が高かったのはどんなページ?

2020年10月19日

コロナで就職活動影響 厚労相「卒業後3年は新卒者扱いで」

2020年10月18日

新型コロナ 外食大手 宅配やテイクアウト特化の店舗設ける

2020年10月17日

ユニクロなど展開 ファーストリテイリング 17年ぶりの減収減益

2020年10月15日

就活を終えた学生たちに聞きました「面接で印象に残った質問は?」

2020年10月15日

ANAに4000億円融資へ コロナ影響長期化に備え

2020年10月15日

「松山三越」希望退職に全従業員の8割が応募

2020年10月15日

企業の採用HP 学生の好感度が高かったのはどんなページ?【NTTデータ編】

2020年10月14日

アップル 5G対応の「iPhone12」発表 主要各社の5G端末出そろう

2020年10月14日

内定率は回復してきたけれど・・・女子学生は苦戦?

2020年10月13日

スカイマーク 来春新卒の採用中止に 新型コロナの影響続く

2020年10月13日

帝国データバンクに聞いた!⑵自分に合う、キラリと光る就職先を見つけるには?」

2020年10月12日

2020年卒の新入社員 テレワークで人間関係に悩み 先輩や上司に求めることは?

2020年10月09日

セブン&アイHD 中間決算 30%余下回る減益

2020年10月08日