就活ニュース

新型コロナウイルスと就活「就活生ができることは?」

2020年04月03日

  • お問い合わせ

2021年卒の就活は、新型コロナウイルスの感染拡大で先が見通せない状況。急遽、各企業の会社説明会をYouTube上のライブ配信で行った就活クチコミサイト「ワンキャリア」のイベントプロデューサー多田薫平さんに、“就活生ができること”を聞いてきました。(取材日:3月16日)

(聞き手:伊藤七海 工藤菜摘 田嶋あいか)

 

コントロールできる要素に集中する

学生
工藤

新型コロナウイルスの影響で、採用のスケジュールもおそらく変わってきますよね。

個別情報については、ワンキャリアでも企業の最新採用スケジュール情報を取得できるインフォメーションセンターをネット上に開設しました。

多田さん

インフォメーションセンターでは、変化する状況下で企業のオンライン説明会などの最新実施情報を公開。

みなさんも影響が長引くなという仮説を立てているかと思いますが、就活スケジュールは国の方針によって変わる可能性もあります。

その時ってどうなっちゃうんですか?

分からないです。だけど僕が言いたいのは、そこに不安に思う時間ってあるんでしたっけ?ということです。

学生
田嶋

ないですね。

例えば内定が取り消しになる話も出ていますが、あれって、自分でコントロールできる要素ですか?

できないです。

コントロールできない要素と、コントロールできる要素があります。いま、やるべきことって、コントロールできる要素に取り組むってことじゃないですか。

状況は理解しつつ、事実は取りに行くけど、噂には流されないのが大事なスタンスです。

やるべきことは4つ

学生
伊藤

では、コントロールできる要素って例えばどんなものですか?

えっと、就活生が抱える問題ってどういうものがあると思いますか?

どこにも内定が出なかったらどうしようか?

どういう企業にいきたいのか自分でも分からない。

行きたい業界がどこもだめで、次どこを受ければいいのか分からない。

なるほど。就活生の問題って大きくわけると2つに分かれます。企業を選ぶための問題と企業に受かるための問題。

なるほど。

選ぶ問題は、どうやって1社を選ぶかという問題で、分解すると情報収集と情報整理と意思決定、この3つに分かれるんですね。

多田薫平さんnote「就活生の『説明会がなくなった…。どうしたらいい?』への処方箋を書きました。」より転載

受かる問題は、企業に受かるためにESをどう書くのかとか、面接対策どうするのかということ。そして、選ぶ問題と受かる問題をつなぐのが、5つ目のどう自己分析すればよいのか?なんです。

やるべきことって、この5つぐらいしかないんですよ。まだ意思決定の段階に到達していない人が多いので、やるべきことは4つです。

この中で新型コロナウイルスの影響で難しくなっているのは「情報収集」ですが、そこは前回お話した検索方法で情報を集め、以下のような「情報整理」のフォーマットの「事実」部分に当てはめて考えていくのがよいと思います。

「人」、「仕事」についての分析
「理念/組織風土」、「制度」についての分析
多田薫平さんのnote「就活生の『企業を絞れない』への処方箋を書きました。」より転載

この状況下でインターンシップ経由の採用枠が増えるという噂も聞き、すごく気になっています。

増えるところもあると思いますし、変わらないところもあると思いますよ。ただ、それによって戦略って変わります?

伊藤・田嶋

変えられないです。

変えられないでしょう?だからそれはコントロールできない部分なんですよ。受けたい企業にインターンに行っていないとして、インターンシップ枠が増えたことで自分にインパクトすることってありそうですか?

インターン100%ってなると、そこを受けるのをやめようってなります。

でも、実際に企業がインターンだけで採用するって、物理的に無理だと思います。インターンシップを3回開催し、各回の参加者が30人とします。採用目標人数が10人だとして、90人の中から採用できそうですか?

確かに、達成できなさそう。

そうなんです。だからインターンシップ枠以外の手段も考えるはずなんですよ。1名しか採用しないのならインターンシップ枠で終わりかもしれませんが、採用人数が多い場合はインターン経由以外を考えないと採用目標に到達しません。

それでもどうしても周りばかり気になっちゃいます。

それはそれでいいことで、状況を知っておくことは大事です。

その上で、噂であろうと事実であろうと、自分にどれくらい影響があるのかって考えたときに、戦略が変わらないのであればあんまり気にする必要はないですよね。

採用人数が減るという噂も同じですか?

求人倍率が下がってきているというような話はあります。だけどやることは変わらないですよね。あるとすれば、受ける企業数を増やす選択肢は入れてもいいのかなと思います。

最低限国の方針は見ておく

私の周りで、新型コロナウイルスの影響で内定取り消しをされそうという子がいるのですが、業界によってそういう可能性があるところはありますか?

あるとは思います。やっぱりイベント業界にはインパクトが強いですし……

旅行業界とかも?

そうですね。大人数が集まるような業界には影響があるはずです。

ただ、内定取り消しというような話が出た場合は、1人で悩まず必ずキャリアセンターなど大学の職員の方に相談してください。自分だけの判断で絶対にサインしない。

21年卒の学生で内々定をもらって就活を終える子も出てくると思うのですが、こういう状況なので多めに内々定を持つなど対策をした方がいいんでしょうか……。

現実的な問題だなあ…。

最低限判断をするためには、経済ニュースを見ることと、国がどんな方針を出しているかを見ておいた方がよいと思います。その上で、今できることに時間を使った方がいいですね。

最近のニュース一覧

New

卒業時点の内定率は96.8% 半数以上が“就活前は知らない”企業に就職

2024年03月28日

就活生のギモンを採用担当者に聞く(3)「人事が面接で採用したい人」に共通点はあるの?

2024年03月21日

企業は“選ぶ”から“選ばれる”側に? 変化する就活面接のイマ

2024年03月18日

就職内定率は4割を超える 焦らずスケジュール把握を

2024年03月15日

企業の採用意欲は引き続き堅調 より積極的な採用方法に

2024年03月14日

自己分析や企業研究はいつまで続ければいい? 3月以降は“ゼロ” を作らないで

2024年03月12日

就活生のギモンを採用担当者に聞く(2) 「ガクチカ」ってすごくないとダメなの?

2024年03月08日

大学生の就職活動 本格的にスタート “早期化の傾向強まる”

2024年03月01日

社会人になったらどんな服装で働きたい?

2024年03月01日

感情が動いた瞬間に“個性”が表れる 面接官に自分らしさを伝えるには

2024年02月28日

保護者が就活に!? 広がる「オヤカク」

2024年02月27日

就活生のギモンを採用担当者に聞く(1)インターンシップの選考に落ちたら本選考は諦めるべき?

2024年02月21日

2月の就職内定率は23.9% 就活の早期化さらに進む

2024年02月20日

採用選考は企業に自分を知ってもらう場!自己分析で“広く深く”自分を見つめよう

2024年02月14日

入社から半年の「新社会人生活」 漢字1文字で表すと?

2024年02月06日

ラジオ特番 2月23日(金・祝)午後10時05分~ みなさんの声を募集しています!

2024年02月02日

OB・OG訪問のギモン(2)どういう準備をしておくといい?その後の就活にどういかす?

2024年01月30日

OB・OG訪問のギモン(1)どうしてやるの?どうやって人を探すの?

2024年01月23日

”転職は当たり前の時代”と言われるけれど…新卒で入社した会社、何年働きたい? 

2024年01月17日

石川労働局 地震の影響を受けた学生の支援で特別相談窓口を開設

2024年01月15日

就活のヤマ場「面接対策」を年始におさらい【面接編】

2024年01月04日

インターン、ES、メールの書き方… 年末年始におさらい【準備編】

2023年12月28日

働くってどういうこと? “世界最高齢プログラマー”若宮正子さんに聞く人生100年時代

2023年12月20日

就職内定率は95%に 振り返って就活で苦労したことは…

2023年12月12日