9月の有効求人倍率 1.57倍と前月下回るも高水準続く

2019年11月01日

仕事を求めている人1人に対して企業から何人の求人があるかを示す有効求人倍率は、9月は1.57倍となり、前の月を下回ったが高い水準が続いている。

厚生労働省によると、9月の有効求人倍率は季節による変動要因を除いて1.57倍となり、8月を0.02ポイント下回った。

有効求人倍率が1.6倍を下回るのは3か月連続だが、引き続き高い水準となっている。

都道府県別に見ると、最も高かったのは東京で2.06倍、次いで岡山県が2.01倍、石川県が2倍、広島県が1.99倍、福井県が1.96倍などとなっている。

一方、最も低かったのは神奈川県で1.16倍、次いで長崎県と沖縄県が1.19倍、北海道が1.21倍、青森県が1.22倍などとなっている。

また、企業からの新規の求人数は前の年の同じ月より1.5%減少したのに対し、新たに職を求める人は7.2%増えた。

厚生労働省は「製造業の一部で企業からの求人が減少しているものの、有効求人倍率は高い水準が続いていて、雇用情勢は改善が進んでいる」と分析している。

最近のニュース一覧

放置しないで…売手市場で学生ら注目「内定辞退セット」

2020年01月17日

この春卒業予定の大学生の就職内定率 高水準を維持

2020年01月17日

面接室へGO!「新日本橋駅徒歩2分」

2020年01月17日 動画あり

どうなる、2021年卒就活(5)採用スケジュール予測

2020年01月17日

どうなる、2021年卒就活(4)これからのインターンシップ事情

2020年01月15日

「あなた方、間違うよ」~経団連会長が語る日本経済の課題~

2020年01月15日

どうなる、2021年卒就活(3)採用動向を予測する

2020年01月09日

就活に強い女子大 なぜ?

2020年01月08日

どうなる、2021年卒就活(2)内定の基準は変わった?

2019年12月25日

どうなる、2021年卒就活(1)インターンシップ参加学生数だけ増えたわけは?

2019年12月23日

「就活を自分の物差しで!」ワンキャリア寺口浩大さん

2019年12月19日

就職氷河期世代限定の求人 2か月で80人が就職決定

2019年12月16日

KDDI通年採用へ 新卒一括採用を見直し

2019年12月13日

銀行マンが副業!? 働き方改革がもたらす新たな可能性

2019年12月12日

“自分に合う”仕事の見つけ方 ワンキャリア寺口浩大さん

2019年12月12日

リクナビ問題 データ購入契約の37社に行政指導へ 厚労省

2019年12月12日

就活3月スタートは出遅れ?

2019年12月10日

「1社目の内定で人生は決まらない」

2019年12月09日

就活セクハラ 被害を防ぐには?

2019年12月05日

大卒初任給 4年連続過去最高更新 初めて21万円超える

2019年12月04日

リクナビ問題受け リクルートが個人情報の新指針作成へ

2019年12月04日

リクナビ問題 運営会社に2度目の勧告 購入の37社にも指導

2019年12月04日

今どき大学生の就活は10年計画!?

2019年12月04日

急拡大の「人事にAI」 大手企業などの団体がガイドライン案

2019年12月03日