就活ニュース

内定率6割超も 就活続ける学生多数

2019年06月07日

  • お問い合わせ

売り手市場を背景に、多くの企業が早い時期から内定を出し、“早期化”しているとされた2020年春卒業予定の就職活動。就職情報会社「マイナビ」が5月末に実施した調査では、内定率は61.8%と半数を上回った。ただ、内定がある学生の半数がまだ就職活動を続ける意向で、6月以降、大手企業の選考結果を待って就職先を決める学生が多そうだ。

大学生や大学院生を中心とする2020年春卒業予定の就職活動。経団連の指針では、6月1日が面接などの選考の解禁となっている。
この直前に実施された調査では、回答者の61.8%が内定があると回答した。(『マイナビ2020』の会員に対するWEBアンケート。実施日5月25日~5月31日 来春卒業見込みの全国の大学4年生、大学院2年生、有効回答数 7,375名)

傾向としては、理系の方が内定率が高く、理系男子70.2%、理系女子70.0%に対して、文系男子57.8%、理系女子56.0%だった。マイナビは「理系の学生はそれぞれ研究分野があるため、やりたいことがはっきりしています。最初から自身の研究に近い企業に絞って就職活動をして、内定をもらった場合も意思決定が速いことが内定率の高さにつながっている」と分析する。

また、調査では内定を得た学生のうち、半数は就職活動を続ける意向だった。就職活動継続の回答者は、未内定者を含め72%にのぼり、6月以降、大手企業の選考結果を待って就職先を決めるとみられる。

一方、ことしの就活は、多くの企業が実質的な選考を進めていて、内定出しが去年より早い傾向だったが、今回の調査では、ほぼ去年並となった。

マイナビは「3月、4月と優秀な学生への内定のタイミングはやや早まりました。ただ、5月は企業も内定を出し切った感があり、一旦落ち着いた感じです。結局、5月末までに出す内定数の総数は例年と変わっていないということではないでしょうか。未内定者も落ち込まず、6月からの本格採用で頑張れば結果が出てくるのでは」と話している。

最近のニュース一覧

New

人事の目線⑹ インターンシップに落ちたら本選考は諦めた方がいいですか?

2022年01月25日

New

ことしの賃上げどうなる? 100社アンケート 慎重姿勢浮き彫りに

2022年01月25日

New

春闘 事実上スタート 経団連“収益拡大なら積極的に賃上げを”

2022年01月25日

インターンシップ 早く経験すべき? 

2022年01月21日

就活のギモン 人事の目線 (5) 面接で「第1志望です」って言わなくてもいいですか?

2022年01月19日

転職前提?定年まで? 新卒で入社 どのくらい働きたい

2022年01月18日

だからこそ最初の就職が大事 20代の選択(3)

2022年01月14日

『業界地図』編集長に聞いてみた ⑶ レイアウトが読み解くカギってどういうこと?

2022年01月12日

職場のコミュニケーション 変化した?

2022年01月11日

就職先の規模の前に やりたいことを明確に 20代の選択(2)

2022年01月07日

抽象的な夢より、具体的なアクション 20代のキャリア選択(1)

2022年01月05日

1からわかる!注目の時事問題

2021年12月31日

企業の人事・採用担当者に聞く 2021年の注目ニュース

2021年12月28日

ANA 地上勤務総合職の採用 23年卒から再開

2021年12月28日

就活のギモン 人事の目線 ⑷ 面接で印象に残る優秀な学生ってどんな人?

2021年12月24日

2023年卒の採用 「増える」が「減る」を 上回る

2021年12月24日

ヘッドハンターにきいた 22年の中途採用の動向は

2021年12月23日

『業界地図』編集長に聞いてみた⑵実践!地図の読み方 

2021年12月22日

12月の就職内定率 コロナ禍前の水準で推移

2021年12月20日

宇宙にいる前澤友作さんに話を聞いてみた

2021年12月17日

就活のギモン「人事の目線」⑶ 逆質問って何のため?面接の気になるギモン

2021年12月17日

就活生に人気の業界は IT?コンサル? 大手志向に変化は?

2021年12月16日

不満が残る大学生活 でも就職戦線は意外と…

2021年12月13日

『業界地図』編集長に聞いてみた ⑴ そもそも業界研究って何をすればいいの?

2021年12月09日