就活ニュース

インターンシップ 25年卒が参加した結果は?

2024年05月23日

  • お問い合わせ

就職活動で関心のある業界や企業を知る機会のひとつ「インターンシップ」。

ルールが一部変わった25年卒のインターンシップに関する調査結果が公表されました。この夏の参加を検討する26年卒の学生も参考になる情報ですので、見ていきましょう。

※以下、リクルート「2025年卒 就職活動TOPIC」

25年卒からルールが一部変更

これまでインターンシップはあくまでキャリア教育が目的とされ、そこで得た情報を採用活動に使うことは禁止されていました。

しかし、25年卒からルールが一部変わり、学生のキャリア探しを支援する取り組みが4つのタイプに分類され、一定の条件を満たせばインターンシップで得た情報を採用に活用できることになりました。

8割以上がインターンシップに参加

調査によると、25年卒の学生が、キャリア形成支援プログラム(=広い意味のいわゆるインターンシップ)に参加した割合は84.7%。

参加した学生でみると、平均で8.7社に参加していました。

このうち、何日間のプログラムに参加したかを尋ねたところ、▼半日が最も多く59.8%、次いで▼1日が27.4%でした。

1日以下の短期間のプログラムが約87%と、大半を占めていることがわかります。

また、参加した時期を複数回答で尋ねた結果がこちら。

マイナビの調査結果を基に作成

卒業する前の年(=大学3年生)の「8月」が57.2%で最も多く、次いで「9月」が49.9%でした。夏の長期休暇などを利用して参加する人が多かったことがわかります。

ただ、それ以外の多くの月でも3割以上の学生が参加したと回答していて、年間を通してそれぞれのタイミングで参加していることがうかがえます。

新ルールのプログラムに参加したのは…

新しいルールでは、「タイプ3」の「汎用的能力・専門活用型インターンシップ」においては、インターンシップで得た情報を採用に活用できることになりました。

この「タイプ3」のプログラムに参加した人は、どれくらいいたのでしょうか。

調査結果を基に作成

まず学生全体に「5日以上のプログラムへの参加経験」を尋ねたところ、その割合は19.7%でした。

このうち「タイプ3の基準を満たしたインターンシップに参加したか」を聞くと「参加したことがある」は46.6%で、半数近くでした。

ただ、「参加したことがない」は19.1%で、「分からない」も34.4%いました。

タイプ3のインターンシップは就業体験が必須で、参加すると企業側からフィードバックを得られます。どんなフィードバックがあったかを尋ねた結果がこちら。

《学生の声》

▽業務に関してできていることやできていないこと、社員になってから学べば良いことなどをフィードバック頂いた。(大学生・文系男性)

▽実際に仕事の一部を任せていただく中で、どんなやり方が効率的か、効果的か等をアドバイスしていただきました。自身の長所も欠点も改善策も見えてきました。(大学生・文系女性)

実際の仕事を通した具体的なフィードバックをもらえることで、成長を実感しやすいといった声が多かったようです。

こうしたインターンシップは、入社後のミスマッチを防ぐことが期待できるなど、企業にもメリットがあるということで、今後この形で実施する企業が増えていくとみられています。

インターンシップに参加したら企業とのかかわりは…

ルール上、25年卒からインターンシップの情報を採用活動に使えるプログラムが明確になりましたが、実際、プログラムに参加した後、企業とのかかわりはあるのでしょうか。

参加後、選考案内や社員からの接触といった企業との接点があったかを尋ねると…。

調査結果を基に作成

全体では9割近く、1日以下のプログラムでも8割以上が「企業との接点があった」という回答でした。

実施の形態に関わらず、インターンシップが、企業から学生にアプローチするきっかけになっていることがうかがえます。

26年卒の就活生のみなさんは、これからインターンシップへの参加を検討する人も多いと思います。リクルート就職みらい研究所の栗田貴祥所長にアドバイスをもらいました。

リクルート就職みらい研究所 栗田貴祥 所長

「就職活動において、ゴールは内定ではなく、その後も自分らしい人生を送れるかどうかだと思います。まずは自分がどんな働き方をしたいのかを考え、それに近いと思う企業の短いプログラムに積極的に参加して、視野を広げてみてください。自分に合いそうな企業が見えてきたら、タイプ3などの実務体験を伴うインターンシップに参加すると入社後がイメージしやすくなるので、早めに準備してうまく活用してほしいと思います。」

(※調査について)
対象 2025年卒の大学生 期間 2024年3月18日~22日 有効回答 675人

取材・編集:永野亜希

(「ラジオで開講!NHK就活応援ニュースゼミ」で放送予定)

最近のニュース一覧

New

就職内定率は8割を超える 企業の採用意欲は高いので焦らずに

2024年06月10日

「オワハラ」実際に受けたら?そのときどうすれば?

2024年06月06日

SNS上の就活の不安をあおる不確かな情報に注意を

2024年06月04日

就活の採用面接 政府ルールでは6月1日から 人材不足で前倒しも

2024年06月03日

若手社会人に聞く“働くことのリアル”(1) 「就活の軸」どう決めた?働いて変わった?

2024年05月30日

26年卒・就活スタートガイダンス(2)「就活の軸」ってどうやって見つけるの?

2024年05月29日

インターンシップ 25年卒が参加した結果は?

2024年05月23日

26年卒・就活スタートガイダンス(1)まず何から始めればいいの?

2024年05月21日

内定率は7割を超える 早期化進むなか納得感ある企業選びを

2024年05月14日

「理系学生だけど文系の職種に就きたい…」どうすれば?

2024年05月10日

25卒の求人倍率は1.75倍 3年連続で上昇 コロナ禍前の水準に回復

2024年05月08日

聴き逃し配信中! ~6月8日(土)午後10:55まで

2024年05月02日

25年卒が選ぶ「就職企業人気ランキング」ことしの注目企業は?

2024年05月01日

入社後の配属はいつ決まるの?希望は聞いてもらえる?

2024年04月22日

就活のギモン(番外編)「地方で働く魅力」ってなに?若手社会人に聞いてみた!

2024年04月18日

「きのう退職届出してきた」入社したばかりの新入社員がなぜ?

2024年04月17日

就活生のギモンを専門家に聞く(6)面接で想定外の質問や緊張が!?こんな時どうする?

2024年04月12日

内定率が6割近くに より早い時期に内定の取得・辞退が進む

2024年04月11日

就活生のギモンを専門家に聞く(5)就活の志望企業ってどう絞り込めばいいの?

2024年04月05日

変わる入社式 “服装は自由に” “先輩も親も見守る” その背景は?

2024年04月02日

就活生のギモンを採用担当者に聞く(4)「逆質問」って評価に影響するの?

2024年03月29日

卒業時点の内定率は96.8% 半数以上が“就活前は知らない”企業に就職

2024年03月28日

就活生のギモンを採用担当者に聞く(3)「人事が面接で採用したい人」に共通点はあるの?

2024年03月21日

企業は“選ぶ”から“選ばれる”側に? 変化する就活面接のイマ

2024年03月18日