目指せ!時事問題マスター

1からわかる!「北朝鮮とミサイル」【中】 はじまりは南北の分断

2019年10月07日 (聞き手:工藤菜摘 鈴木マクシミリアン貴大 西澤沙奈 )

発射が続く北朝鮮のミサイル。いつまで続くの?周辺諸国との関係は?さまざまな疑問について、朝鮮半島が専門の「国際報道2019」(月~金 22:00~ BS1)の池畑修平キャスターに聞きました。

仮に南北が統一されるとなった場合、皆さんはどちらが主となって統一されるイメージがありますか?

池畑
キャスター

学生
西澤

韓国ですかね。

そうですよね。例えば1人あたりのGDPで比較すると、韓国は北朝鮮の30倍以上とも言われています。

そんなに差があるんですか!

それだけ経済力に差があります。それは北朝鮮もよくわかっています。

でも自分たちが吸収されて統一されるのは嫌だ、経済力で勝てないのならどうするか?

学生
工藤

軍事力で勝つ。

そう、だから核・ミサイル開発に走ったというわけです。

要は軍事力の向上は自分たちの体制を守るためなんです。

北朝鮮と韓国 なぜ分断したの?

この問題のベースにある「南北の分断」ですが、なぜ分断されたか知っていますか?

学生
鈴木

朝鮮戦争ですか?

実はその少し前なんです。1945年8月に日本が敗戦し、朝鮮半島全体が日本の統治から解放されたんですけど、朝鮮はすぐに独立国として認められませんでした

なぜですか?

終戦直後、朝鮮半島にはすでにソ連軍が北から入ってきていました。

当時、ソ連と冷戦状態だったアメリカは「このままでは朝鮮半島全体がソ連の影響下に入ってしまうと慌てました。

それでどうしたんですか?

アメリカは「朝鮮の独立をどういう形にするか、期間を設けて話し合いましょう」と提案。

アメリカとソ連の間で「とりあえず話し合う間は、北緯38度線を境に、北がソ連、南がアメリカで分けて統治しましょう」ということになったんです。

話し合いは進んだんですか?

当時は冷戦真っ盛り。独立に向けた話し合いはまったく進みませんでした。

終戦から3年後の1948年、南側が「単独で選挙をして大統領を決めよう」ということになり、これにアメリカが合意

その選挙で選ばれた初代大統領のイ・スンマン(李承晩)が、「大韓民国」の建国を宣言したんです。

韓国の初代大統領 イ・スンマン(李承晩)

なるほど。北側の反応は?

北側は「そんなことをしたら南北が分断されたままになる」と反対。

結局、北側も、満州で日本と戦った軍人、キム・イルソン(金日成)を指導者として選びました。

「朝鮮民主主義人民共和国」の建国を宣言。ここから分断が始まったんです。

北朝鮮のキム・イルソン(金日成)国家主席

分断されたあとに朝鮮戦争が始まったんですね。

そう。朝鮮戦争が始まったきっかけは、今とは違う当時の朝鮮半島の状況にあります。

日本が朝鮮半島から引き上げた直後って、南側より北側の方がはるかに豊かだったんですよ。

えー!そうだったんですか?

地図を見ればよくわかります。

北の方が山が多いですよね。

たしかに!

山岳地帯はいろいろな資源が採れます。当時、日本はそこで石炭を掘り、化学工場もつくった。

さらに、そこから物資を運ぶために鉄道もひいたし、山があるのでダムも作りました。

一方、南側は平野が多いので農業ぐらいしかできなかった。だから、分断当時は、北の方がはるかに豊かだったんです。

初めて知りました。

北から南に電力を支援することもあったんですよ。

今とは逆ですね。

当時、中国で共産党対国民党の内戦があって、共産党が勝つわけですよ。

中国国民党と中国共産党の内戦・・・結党以来、両党は協力と対立を繰り返していたが1937年の日中戦争では協力。日本の敗戦後は再び対立し内戦を繰り広げたが、1949年に共産党が勝利。国民党は台湾に逃れた。

共産党が中華人民共和国を建国するという時代の流れもあって、北朝鮮のキム・イルソンは、社会主義陣営で朝鮮半島を統一できるんじゃないかと思った

想像できないですね。

それで1950年、北朝鮮は奇襲的に韓国に攻め込んだ。

どうなったんですか?

最初は北朝鮮が連戦連勝。韓国はどんどん南側に追い込まれ、プサン(釜山)周辺まで撤退。韓国はあわや滅亡寸前にまでいたった。

だけど、その時、アメリカを主体とする国連軍が結成されて、インチョン(仁川)という今の国際空港がある所から北朝鮮の裏を突く形で上陸。

一気に戦局は逆転して今度は国連軍が連戦連勝。北朝鮮が中国との国境まで撤退して、あわや韓国主導の統一の手前までいきました。

しかし、今度は中国の義勇軍が参戦して国連軍を北緯38度線のあたりまで押し戻しました。

それで今にいたると。

そう。そのあたりで一進一退の攻防になり休戦することになったわけです。

なぜ両国の経済力は逆転したんですか?

北朝鮮は軍事的に統一する事しか頭になかったので、軍事力に多くのお金をつぎ込んだんです。その後、ソ連が崩壊し、社会主義陣営はどんどん崩壊。

世界的な失敗に終わった社会主義経済を北朝鮮はとり続け、気づいたときには経済が破綻。

韓国は、日本と国交を正常化させ、日本からの資金を元手にどんどん工業を開発。70年代終わりには、国力が逆転するんです。

なるほど。

僕がソウルに駐在していた時に、韓国政府の北朝鮮との交渉担当者の話を聞く機会があって、彼がうまい事を言ってました。

「南は自動車を作る道を選び、北は武器を作る道を選んだ」と。その選択の違いが今に至る。「民族は同じだけど、そこの選択が決定的に違ったので国力が逆転した」と言っていました。

ムン大統領の思惑は?

東西ドイツのように、家族が引き裂かれるといったケースは南北の間でもあったんですか?

もちろん。朝鮮戦争の混乱で引き裂かれた人たちを「離散家族」と言います。

南北の間では関係が良くなると、こうした家族を数を限定して対面させる取り組みをしています。

南北に離散し、対面を果たした姉妹

韓国としてはこうした取り組みをもっと増やしたいんですが、北朝鮮は結構警戒するんです。

会えば会うほど、韓国のほうが発展しているという現実に触れてしまうから。

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は、北朝鮮に対してどのようなスタンスなのですか?

ムン大統領は南北の統一を夢見ていて、北朝鮮に対する思い入れは強い。これにはムン大統領のバックグラウンドが関係しています。

ムン大統領の両親はもともと朝鮮戦争の前、北側に住んでいました。両親はその後、戦争でアメリカ軍に救出されて韓国のプサンに流れ着いたという経緯があります。

だから、ムン大統領は、両親の出身地である北朝鮮と韓国を統一させたいという思いが強いんです。

ムン大統領のこうした考えにどれくらいの国民が賛成しているのですか?

韓国国民は、保守と革新という2つの考え方で大きく分かれていて、仲も悪い。

保守系の人は「北朝鮮は同じ民族だけど、戦争をした敵だ」という考え。「北朝鮮の今の政権を倒して統一しなければならない」と考えています。

敵なんですね。

一方、ムン大統領を筆頭に、革新系の人は「そもそも朝鮮戦争は自分たちが望んでいない戦争だ。北朝鮮の人は同胞であり、いずれは統一を果たす仲間だ」という考えなんです。

北朝鮮に対して「話せばわかるはずだ。いずれは一緒になる民族だ」と。

ゴールは同じ統一でも、考え方が大きく違いますね。

だから国内にあまりまとまりがないんです。

例えばピョンチャンオリンピックのとき。ムン政権が選手の意見も聞かず、一方的に南北合同の女子アイスホッケーチームをつくると決めたことがありました。

ピョンチャン五輪に出場したアイスホッケー女子の南北合同チーム

最近ですね、そんなことがあったんですか。

それに対して、大学生を中心とした若者たちがすごく怒りました。

なぜですか?

南北合同チームをつくるということは、北朝鮮の選手を必ず入れないといけないですよね。その分、本来出られるはずだった韓国の選手が出られなくなってしまう。

それはこれまで一生懸命練習してきた韓国の選手に不公平だということで、大統領府に撤回を求める署名活動が盛り上がりました。

選手を考えると、その気持ちわかる気がします。

これにムン政権は慌てました。「なぜ南北合同チームというすばらしい構想に反対するのか分からない」と。

「南北融和・将来の統一が絶対的な善である」というムン政権の考えに国民が冷めていることを象徴するエピソードのような気がします。

政権が代わったらどうなるの?

大統領が代わると北朝鮮に対する政策は大きく変わるんですか?

ぜんぜん違いますね。ムン大統領の前のパク・クネ大統領は保守系で、とにかく北朝鮮を追い詰めてばかりでした。

韓国のパク・クネ(朴槿恵)前大統領

日本の統治から解放された8月15日の演説でも日本への言及はそこそこに、北朝鮮の国民に対してこう言いました。

「温かく迎えるので北朝鮮指導部はほうっておいてこちらに来てください」と一生懸命北朝鮮を崩壊させるようなことばかり言っていました。大統領が保守系か革新系かでまったく変わりますね。

北朝鮮は今のままでいいと思っているんですか。

それは思っていません。北朝鮮が一番恐れているのは、韓国に吸収される形で統一されることですから。

自分たち指導部の居場所がなくなってしまうので。それを防ぐためにも経済を上向かせて国力を上げて、韓国との差を少しでも縮めたいと思っているんです。

軍事力だけでなく経済も上向かせたいと?

国民が貧しいままだと、みんな国外へ逃げたくなるし、指導部への忠誠心も薄れるので、経済を上向かせたいんです。

さらに詳しく知りたい

詳しく知りたいテーマを募集