新型コロナ

人が人を思う 優しい輪を広げていきたい

ネットワーク報道部 井手上洋子

「新型コロナウイルスに感染した人への差別やひぼう中傷をなくしたい」。

差別をなくそうと声をあげるのではなく、ちょっとした方法で感染した人たちを守っていこうという取り組みがあります。
それは、あるものを身につけたり、誰かに届けたり・・・。 この取り組みが、各地で広がっています。

シトラスリボンの輪広がる

あるものというのは、このリボン。 シトラス(=かんきつ)色の3つの輪が表しているのは、地域・家庭・職場(もしくは学校)です。

松山大学の甲斐朋香准教授と愛媛大学の前田眞教授が共同代表を務める「ちょびっと19+」が、新型コロナウイルスに感染した人や医療従事者への差別・偏見をなくしたいと始めた「シトラスリボンプロジェクト」です。

このシトラスリボンの輪が、全国の学校、家庭、企業などで広がっているのです。

「思いを込めて」

取り組みに賛同し、栃木県内に広める活動をしている「シトラスリボンINとちぎ」は、縦2メートル40センチ、横3メートルの旗を県内25市町に巡回させる「シトラスリボンフラッグリレー」を進めています。 “優しい気持ちが県内全域に広まるように”。 医療従事者への感謝とエールの思いが込められています。

佐野日本大学高等学校

学校全体でシトラスリボンプロジェクトに取り組んでいるところもあります。
佐野日本大学高等学校では、ボランティア活動を行う部活動の生徒が中心となっています。

輪をつくる部分が難しく、苦労する生徒もいましたが、生徒どうしで教えあいながら大切に結んでいきました。 生徒自身にも変化がみられるようになります。

(生徒)
「医療関係の人だけでなく、自分たちもこの活動を通して社会に貢献できていると感じ、医療関係者の人を助けることができたと感じた」

(生徒)
「みんなで作り上げる楽しさを実感した。また、手洗いやマスクをつけるなどの感染予防をしっかりしようと思うようになった。そして、シトラスリボンにも個性があるように、一人一人の個性を大切にし、差別のない社会にしていきたいと思った」

(生徒)
「学校にあまり行けない状況があったので、学校に行けることの喜びやシトラスリボンを身につけることで、学校のことを思ったり、友人のことを思うようになった」

生徒が家庭で家族にシトラスリボンを教え、さらに家庭から職場へ、そして社会へ広がることを目指しています。

栃木県佐野市立佐野小学校

佐野市立佐野小学校でも、教職員がシトラスリボンをつけて教壇に立ったり、子どもたちにリボンの意味を教えたりしています。
子どもたちに向けて感染したことで誹謗・中傷してはいけないこと、差別しないでみんなが笑顔で暮らせるようになるようにしていこうと話したということです。

「差別で苦しんでいる人もいる。だから絶対してはいけない」

「シトラスリボンINとちぎ」のメンバーに届けられた手紙があります。 取り組みを知った女子児童が書いた手紙でした。

「自分がコロナに感染し、差別されていたらどこにも行けません。
でも、シトラスリボンを付けていて、その人達が私のことを守ってくれたら、少なくとも学校には行くことができます。それが、家族だったら、友達だったら、先生だったら、近所の人だったらと考えると、やっぱりシトラスリボン運動は人を守ることができるので、とても良いことだと思います。 私はシトラスリボン運動をすることで、感染した時にみんなで守ってあげられると思います」。

(シトラスリボンINとちぎ)
「1日でも早い収束を願いながら、経験をしたことのない状況の中で、人が人を思う、優しい人の輪を思いやりの心を育てていけたならと思います」

その輪が、やさしく広がっています。

寄せられたご意見[1件]

2021/02/08

「シトラスリボン」は、最近目にするようになりました。 私の知り合いの職場でもコロナ感染者が出たことがあり、その職場の友人は非感染者でしたが通勤中に白い目で見られたり、 後ろ指をさされたことがあったと、とても悲しい体験話を聞きました。 ニュースでもコロナウイルスに感染するリスクを冒してまでも仕事を全うしている医療従事者に対しての心ない言葉や態度があると聞き、とても寂しい気持ちになりました。 佐野市の学校の「シトラスリボン」の取り組みは、素晴らしいことだと思います。 特にこのような状況下で、生徒同士で教え合いながらシトラスリボンを作成したということは、とても大切なものを育んでくれると思います。 仕事も、学校もリモートで画面越しでしか人と接することがなくなり、ますます人と直接的に関わることを敬遠する流れとなっています。子どもたちも人と関わることの経験が少なくなればなるほど、人の気持ちが理解できないなど、機械のように冷たい人間を作り出してしまうと思います。 やはり、人は「心」あっての人だと思います。動物でないと思います。 「シトラスリボンプロジェクト」という人と人の心あるつながりと、「シトラスリボンプロジェクト」に賛同し活動する人の心を育む取り組みが、もっともっと社会に、日本だけでなく世界に広がっていってほしいと思いました。

関連記事

  • “心の感染”気をつけて ~広がる寄り添う気持ち~

    (2020/11/06)

    新型コロナウイルスに感染した人に嫌がらせのメールが届き、ネット上では素性があばかれる。人格を否定するようなひぼう中傷もあとを絶ちません。こうしたなか、感染者への思いやりを伝える学校や、感染リスクの高い仕事に就く人たちを支えようという動きが広がり始めています。

  • “心の感染”気をつけて ~やまない差別 なぜ?~

    (2020/11/06)

    「コロナテロ」「親の顔がみたい」。これは、新型コロナウイルスの感染者に向けられたことばです。SNS上には、感染した人を特定する投稿が相次ぎ、事実と違うデマまで流れるなど、差別やひぼう中傷がなくなりません。各地で助けを求める声が相次いでいます。なぜ、感染した人を責め立てる事態がおきるのでしょうか。

最新記事

  • いま、新型コロナウイルスの影響で、子どもたちの「学び」が危機に。 親の収入が減ったことで、進学に悩んだり学ぶことをあきらたりする子どもが増えているのです。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大で、大きく変わってしまった私たちの生活は、子どもたちの学びの機会にも影響を及ぼしています。 この1年、学校が休校になって学びの機会を失ってしまったり、親の収入が減ったために進学することを悩んだりする子どもも増えています。 子どもたちの学ぶ機会を失わせないために立ち上がったのは、地域に住む大人たち。 リモートワークなどでできた時間を使って、無料の学習支援教室に社会人が集まっています。

  • あれから10年。いま、震災の記憶や教訓を伝え続ける難しさに直面しています。 いずれ起きるかもしれない災害にどう備え、命を守るために何ができるのか。 みずから考え、行動するための"スイッチ"を紹介します。

  • 歩道を歩いているとき、自転車にヒヤッとしたことはありませんか? 歩行者の安全が守られているはずの歩道で自転車と歩行者による事故の4割以上が起きているんです。 コロナ禍で自転車の利用を始める人も増えています。 自転車による事故をなくすには、どうすればいいのでしょうか?