APD

知ってほしい “聞こえているのに聞き取れない”

APD取材班 ネットワーク報道部 井手上洋子

職場で「打ち明けられない」

APDの症状で悩んでいる人たちの交流会

聴力は正常でも、人混みなど雑音の多い場所では必要な音や話を選び取れず理解できなくなってしまう。
APD=聴覚情報処理障害という症状があります。
この症状に苦しむ人たちが、悩みを打ち明けたり、情報交換をしたりする「APD当事者会」への参加者がいま急増しています。
11月下旬、APDの症状に悩む人たちで作る「APD当事者会」の交流会が都内で開かれ11人が集まりました。 初めて参加したという男性は、勤務する工場の作業音にかき消されて上司の指示が聞き取りにくい時があるといいます。 職場で症状の説明をして周囲の理解を得ようとしても、なかなか打ち明けられない悩みを訴えました。

「症状があるということを話すと、下手したら『そういう人は会社に来なくていいよ』となりかねない。どうしたらいいか悩んでいます」

他の多くの参加者からもAPDの症状があまり知られていないため、
職場や友人、家族に打ち明けられずに悩んでいるという声が上がりました。

「理解してもらえない」退職も

APDと診断された直美さんです。
小さいころから聞き取りづらさを感じていましたが、
聴力検査では異常がありませんでした。 異変を感じたのは、働き始めてからです。
窓口で客の対応をしている最中に上司から口頭で指示をされ、
聞き取れないことがありました。

客から頼まれた荷物の宛先の“香川”を“カナダ”と聞き間違え、同僚に指摘されたといいます。         

「音として聞こえていても理解できないことがある」
と職場で伝えましたが、なかなか分かってもらえずつらくなり、仕事をやめることにしたといいます。

APDと診断された直美さん

「APDの認知度がとても低いので、
 それが本当なんだよ、うそじゃないんだよっていうのを肯定してくださると
 とてもうれしいですね」。

理解されず深い傷負っている人多い

APDについて長年研究をしている国際医療福祉大学の小渕千絵教授は、
症状が周囲に理解されにくいことが大きな課題になっていると指摘しています。

国際医療福祉大学 小渕千絵教授

「精神的な面で深い傷を負っている人はかなりいらっしゃいます。
もし周りに聞き取りづらい人がいるようであれば、もう一度言っていただいたり、はっきり話してもらうなどのちょっとした配慮が、症状で悩んでいるかたを楽にしてくださるかなと思います」。

症状を周囲に説明 、理解してもらい生活が改善

APDの症状を周りに説明し、理解してもらったことで生活が大きく改善した人もいます。 大学生の堀内華さんは、「長年症状を打ち明けられず苦労した」
という当事者の話を聞き、周りに相談することにしました。

堀内 華さん

「知られていない分、苦労することが人一倍多いと感じたので、
 打ち明けた方が自分のためにはいいんじゃないかと思いました」

まず、大学の友人に症状を伝えました。 大学は、新型コロナウイルス感染対策でオンライン授業になっています。 堀内さんにはパソコンからの音声が聞き取りづらいといいます。

うまく聞き取れず途中で授業の内容がわからなくなってしまった時は、友人にSNSを送信。 すぐに返信が来て、授業の内容を教えてくれるようになりました。

「すぐに教えてくれる友人の存在は大きく、本当に感謝しています」

さらに、アルバイト先でも自分の症状を説明し、どんな支援をして欲しいのか、具体的に伝えました。 話し合ったことで周りもサポートしやすくなったといいます。
以前、電話の相手の話が聞き取れず内容が分からなかった時に、
すぐに別のスタッフが代わってくれたことがありました。 こうしたちょっとした助けが堀内さんにとってはとても大きなことだといいます。

また、アルバイト先も大事なことは口頭で伝えるだけでなくメモにして渡すほか、
分からないことがあったら何回でも聞くよう堀内さんに促して支援してくれています。

寺田 裕美さん

「APDの症状が具体的にどういうものかは想像できないけれど、悩んでいることを理解することはできます。こういうふうにしてもらったら助かるというようなことが分かると対応しやすいです」

大学生も APDで悩む人の支援に

学んでいることを支援にいかそうと動きだした学生もいます。 聞き取れない人たちのために会話を文字に変換する技術を活用することにしました。

ペンダント型のマイクに届いた声を、スマートフォンに文字で映し出す機器を作り、
会話をスムーズにできるようにしたいと考えています。

川名 南美さん

「いろんな人が話題にしてくれたら。
 APDのことを理解してもらえるような環境になったらいいと思います」

困っている人支える仕事に

周囲の支援によって生活が改善した堀内華さん。 将来の夢は、困っている人を支える仕事に就くことです。

堀内 華さん

「私もいろいろな人から助けをもらってきたので、
 困っている人たちのことを理解して、
 支援の可能性のある人をつなげる仲介者になりたい」

症状や悩みを理解することで、支援につなげる、そんな動きが少しずつ広がっています。

寄せられたご意見[1件]

2021/01/09

小さな頃から、聞こえるのに内容が聞き取れない事が日常的にありました。特に周囲が騒がしい環境の場合は、1回聞き返しただけでは言葉を認識できず、何度も聞き返すことが普通でした。3回以上聞き返そうとすると相手に申し訳なくなり、分かったふりをしたり適当に返事をしてしまったりすることが多々あります。 何より辛かったのは、相談しても理解されなかった事です。過去に家族へ悩みを打ち明けた際は、「お前の頭がおかしい」と言われました。それ以来自分が悪いのだと誰にも相談はしてきませんでした。 聴覚情報処理障害という言葉を知ったのは、つい最近の事です。同じ悩みを抱えている人がいることを知って、少し心が救われたような気がしました。 APDはまだ圧倒的に認知度が少なく、理解されにくい症状だと思います。説明しても信じてもらえないことで、深く傷つく事があります。「音は聞こえるけど内容が聞き取れない症状がある」ということを身近な人からでも伝えていくことが、暮らしやすい環境をつくっていく第一歩だと考えています。

関連記事

  • APD
    知ってほしい “聞こえているのに聞き取れない”

    (2020/12/24)

    聴力は正常でも、人混みなど雑音の多い場所では必要な音や話を選び取れず理解できなくなってしまう。 APD=聴覚情報処理障害という症状です。 この症状に苦しむ人たちが、悩みを打ち明けたり、情報交換をしたりする「APD当事者会」への参加者がいま急増しています。

  • APD
    “聞こえているのに聞き取れない” 生活改善のヒントは?

    (2020/09/15)

    APD=聴覚情報処理障害という症状を知っていますか?聴力は正常でも、人混みなど雑音の多い場所では必要な音や話を選び取れず、理解できなくなってしまう症状です。今、こうした悩みを訴える人が増えています。 取材を進めると、症状を抱えながらも生活を改善させるヒントが見えてきました。

最新記事

  • 今、高齢者の体の急速な衰えが問題になっています。家にこもりがちになることで起きる「コロナフレイル」です。コロナ禍がいつおさまるのか見通せないなか、どうやって防いでいけばいいのでしょうか。

  • いま、新型コロナウイルスの影響で、子どもたちの「学び」が危機に。 親の収入が減ったことで、進学に悩んだり学ぶことをあきらたりする子どもが増えているのです。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大で、大きく変わってしまった私たちの生活は、子どもたちの学びの機会にも影響を及ぼしています。 この1年、学校が休校になって学びの機会を失ってしまったり、親の収入が減ったために進学することを悩んだりする子どもも増えています。

  • あれから10年。いま、震災の記憶や教訓を伝え続ける難しさに直面しています。 いずれ起きるかもしれない災害にどう備え、命を守るために何ができるのか。 みずから考え、行動するための"スイッチ"を紹介します。