“聞こえているのに 聞き取れない” APD当事者の悩み

APD取材班 ネットワーク報道部 井手上洋子

「雑音の中では話が聞き取れない」「早口や小さな声が聞き取りにくい」こうした症状、APD=聴覚情報処理障害といいます。
聴力は正常でも、人混みなど雑音の多い場所では必要な音や話を選び取れず理解できなくなってしまう症状で、いま、こうした悩みを訴える人が増えています。あまり知られていない症状のため周囲に理解されず、仕事や対人関係につまづくことも多いことから、当事者たちが苦しい現状を知ってほしいと、ネットを通じて発信する動きが広がり始めています。

異変感じた高校時代「話聞いてないよね」

笑歩さん

症状に悩む笑歩さん(23)です。
異変を感じたのは、高校生の頃でした。
「話を聞いてないよね」「たまに変なところであいづちするよね」。
友人からの思いがけない言葉が、きっかけでした。
当時、聴覚情報処理障害の症状を知らなかった笑歩さんは、うまく聞き取れないことを友人に説明してもわかってもらえず、戸惑ったといいます。 近所の耳鼻科など、複数の医療機関をまわって聴力検査を受けましたが、正常だと言われました。
医師に違和感を訴えたものの「そういうこともある」、「気にしすぎ」と言われ、明確な診断はつきませんでした。 悩んだ笑歩さんが、インターネットなどで調べたところ、出てきたのがAPD=聴覚情報処理障害という初めて聞くことばでした。

APDの聞こえ方って?

周囲に理解されにくい症状を知ってほしいと去年始めたのが、動画投稿サイトの配信です。
笑歩さんには、実際どのように聞こえているのか投稿した動画で再現しています。

笑歩さんのYouTubeより

例えば、次のようなことばも。
「携帯電話はマナーモードにしていただくか電源をお切りください」。
にぎやかなレストランでは、人の話し声や食器の音にまぎれ、一部の音しかわからないというのです。 「携帯電話は・・・・にしていただくか・・・・切りください」

「コンビニやスーパーなど、買い物の時が大変です。
いろいろな音が入って、耳に入ってくる情報が多いし、色々な音が入るので、頭がパンクしてしまいます。苦手なことはいっぱいあります」

ポンコツだと自分を責めた 仕事を失った

症状に悩み、仕事を失った人もいます。
ことし7月、自分の経験を漫画にした、きょこさん(39)です。

きょこさんが描いた漫画

「このあいだ日曜日さー家族で水族館に行ったんだけどね」という何気ない会話も。
会話の音は聞こえていても、雑音にまぎれて、もやがかかったようになり、内容が理解できないといいます。

症状に気づいたのは、2年半前、工場でパートの仕事を始めた時でした。
上司の指示は全て口頭でしたが、機械の大きな音で聞き取れず、何をすればよいのかがわからなかったといいます。
さらに状況を悪化させたのが、仕事で着用するマスクでした。
上司の声がこもって聞き取りづらくなるうえ、口元が見えず話の内容がわかりづらくなってしまい、思うように仕事をこなすことができませんでした。

当時は育児のストレスも重なり、落ち込んだというきょこさん。
結局、仕事を辞めざるを得なくなったといいます。

きょこさん

「みんなふつうにできているのに何で自分はできないんだろう。
まさか聞こえのせいなんて思っていなかったので、ただただ自分がポンコツなんだ、自分ってできないんだと思ってしまって、それがつらかったです」

実態つかめていない日本 支援体制も不十分

聴覚情報処理障害は、脳の神経機能の問題などが原因とも指摘されていますが、詳しい原因はわかっておらず、明確な治療法もありません。
海外では、学齢期の子どもの約3%に症状があるなど、さまざまな研究報告もありますが、日本では詳しい実態がつかめていないのが現状です。
長年、聴覚情報処理障害の研究をしている国際医療福祉大学の小渕千絵教授は、日本では支援体制が整っていないと指摘しています。

国際医療福祉大学 小渕千絵教授

「いろいろな研究を見ると、日本でも海外と同じ位の割合の人がAPDの症状を持っていると考えられます。
ところが、日本では海外のように幼い頃に症状を発見し、支援する体制が整っていません。
このため、大人になってアルバイトや就職をしたあと、仕事でミスを繰り返して初めて症状に気付くケースが多いのが特徴です。
症状は個人差が大きく、症状を疑った場合は、専門の医療機関を受診して、自分の症状の特性や対処法を知って欲しい」

症状に悩む人たちが当事者会を作って生活の悩みや医療に関する情報を発信しています。 「APD当事者会」のwebサイトはこちらです。(NHKサイトを離れます)

寄せられたご意見[2件]

2020/09/17

一番は治療出来る機関があることですが、治療法がないなら もっとAPDを認知を広げて理解してもらうことだと思います。 私は思えば小学生の頃から朝礼や先生の言っている事が分からず、集まる場所を間違えたり何を用意すればいいか分からなかったり、次はこれをします。が分からない事があり焦って困っていました。それは成長した今は育児ストレスからか耳鳴りも重なり、ママ友の話も分からず3度聞き直しても分からない時は焦りました。 聞き直されるのは気持ちの良いことではないので、相手に不快な思いをさせたと思います。 特に連絡網など電話でのやりとりは余計聞き取りづらく、電話が鳴ると緊張して、できれば出たくないのです。 それと集まりなどがあるとき、相方いると話が多少聞こえなくても相方の対応によりなんとかなる時がありますが、相方がその場に居なくなると急に不安が襲ってきます。実際話しかけられて、相槌で乗り切れる事がありますが、●●ですか?と聞かれたとき本当に焦ります。 こちらは聞き返したくないのです。 聞き返したとして、また聞こえなかったら?という不安から逃れられません。 夫にさえ話しても理解されない、人見知りで臆病なだけだと思われています。 ただ理解して欲しい。サポートしてもらいたいと思うのは自分勝手でしょうか。

2020/09/17

授業中に先生の話が聞き取れない。 目の前にいる人が何を話しているのかわからない。 電話対応で相手が何を伝えようとしているのかわからない。 でも聞こえているし聴覚検査でも異常はない。「耳があまり良くないんです。」と騙し騙しやってきました。 ずっとこのような生きづらさを抱えていましたが、今回聴覚情報処理障害の記事を読んで「私の生きづらさはこれだった!?」とモヤが晴れた気持ちでした。 私が取っている対処法は「①相手がよく話す単語や生活を理解して、使う言葉を予測する」「②音や抑揚で予測した言葉に当てはめる」でした。 正直とても神経を使いますし、初対面の人には使えない対処法です。しかし、この技術もあってか現在福祉業界の仕事では相手に寄り添うことを重要としていますので、比較的うまくやっていると思います。 ただ、未だに「聞いてなかったの?」「何を聞いてたのか!」といったことを言われることは少なくありませんし、言われることを極端に恐れています。 1度専門のところに相談してみたいな、と思いました。情報提供ありがとうございました。

関連記事

最新記事