エスカレーター

ファーストペンギン日記(3)卓球選手が“参戦”しました

(2019.5.17 取材:藤目琴実 イラスト:ヨシダリュウタ)

「ペンギン活動しています!」

先日、私たちのもとに、エスカレーターでの興味深い体験がつづられた1通のメールが届きました。
取材を申し込んでびっくり。メールの送り主は……パラリンピックにも出場したことのある卓球選手だったのです。

「ペンギン活動」していたら・・・

そのメールを受け取ったのは今年2月のことでした。

(メールより) 私は、左足のひざ下に装具をつけている下肢障害者です。ペンギン活動をしていた中で、ヒヤッとした出来事がありました。
ある夕方、改札へ向かうエスカレーターで片側に長い列ができていて、右側には誰もいない時がありました。 隣には階段もついていて、そこまで混んでいる感じはなかったのでペンギンしました。 中ほどまで来た時に真後ろのサラリーマン風の方が、すごく上りたがっている雰囲気を出して圧をかけてきているのを感じました。 残り数段になって『すいません』と声をかけてきて、隣にも人がいるのに間に割って上ってこようとしました。

「圧」を感じました・・・

さすがに私も『危ない』と思ったので数段上りました。 そのタイミングでおそらく左足の装具がすその下から見えたのだと思います。 その方はエスカレーターを降りたあと、立ち止まり謝るような形で頭を下げ、足早に去って行きました。

会いに行ってみた

「ペンギン活動」をしている私も体験したことのない、緊張した瞬間とその後の展開。 もっと詳しく伺いたいと、メールに書かれていたアドレスから取材を申し込みました。
同時に、そこに書かれていた名前になんとなく見覚えがありました。

「あれ、ひょっとしてこの人は・・・」

送り主は、岩渕幸洋選手(24)
東京・練馬区出身のパラ卓球の選手でリオパラリンピックにも出場しています。 去年の世界選手権では個人で銅メダルを獲得し、2020年の東京大会でも活躍が期待されています。

スロバキアでペンギン日記に出会った

4月、岩渕選手が所属するチームの練習場を訪れました。2020年の選考を控えた厳しい練習の最中ということで緊張しながらあいさつした記者を、爽やかな笑顔で迎えてくれました。

爽やかでした!

記者)
「ファーストペンギン日記」を、読んでくれていたのですね!!

岩渕選手)
記事を読んだのは遠征先のスロバキアでした。 パラリンピックの競泳金メダリストの河合純一さんが、ツイッターで記事をシェアしていたのを見つけ、最後まで一気に読みました。
エスカレーターの乗り方に以前から疑問を持っていたのですが、この問題を扱っている記事を読んだのは初めてでした。

スロバキア?スロバキアってどこだっけ?

あまりに意外な単語に、頭の中を地球儀がぐるぐる回りますが、ひとまずインタビューを続けます。

記者)
長文のメールをいただき、ありがとうございました。

岩渕選手)
記事を読んで、2列乗りには反対意見もたくさんあるだろうなと、予想がつきました。 ネット上のバッシングも同じですが、声が大きかったり強い口調で言われたりすると、みんなが影響されてしまうと思います。
そういう反対意見に負けないように、微力ながらも賛成に1票を投じるつもりでメールしました。

そもそも岩渕選手がエスカレーターの乗り方に関心を持ったのは、チームメイトの体験がきっかけだったそうです。 岩渕選手より重い障害のあるその選手は、エスカレーターに乗ったときに右側を空けるため、わざわざ自分の前にスーツケース2つを重ねて置いていましたが、降りる際の衝撃でスーツケースが落下してしまいました。
スーツケースをつかんでいた選手本人も引きずられてエスカレーターを転げ落ち、非常に危険だったということです。

こうした体験に加えて、エスカレーターの片側を空けるためにできる行列も非効率に感じ、「ペンギン活動」を始めたそうです。

関連記事

最新記事

  • 今、高齢者の体の急速な衰えが問題になっています。家にこもりがちになることで起きる「コロナフレイル」です。コロナ禍がいつおさまるのか見通せないなか、どうやって防いでいけばいいのでしょうか。

  • いま、新型コロナウイルスの影響で、子どもたちの「学び」が危機に。 親の収入が減ったことで、進学に悩んだり学ぶことをあきらたりする子どもが増えているのです。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大で、大きく変わってしまった私たちの生活は、子どもたちの学びの機会にも影響を及ぼしています。 この1年、学校が休校になって学びの機会を失ってしまったり、親の収入が減ったために進学することを悩んだりする子どもも増えています。

  • あれから10年。いま、震災の記憶や教訓を伝え続ける難しさに直面しています。 いずれ起きるかもしれない災害にどう備え、命を守るために何ができるのか。 みずから考え、行動するための"スイッチ"を紹介します。