追跡 記者のノートから 日本を代表する大手証券会社で何が~問われる“市場のゲート・キーパー”~
追跡 記者のノートから 埋もれかけた踏切事故 ~A4 2枚の報告書の真相
証言 当事者たちの声 母を亡くした大学生は白バイ隊員になった~関越道バス事故10年
追跡 記者のノートから 1万人の遺体を見つめた警察官が語ったこと
追跡 記者のノートから 闇に消えたカツオ ~水揚げ額日本一の漁港で何が~
安心 キケンのない社会をつくろう “7歳”を事故から守る「たいせつなことば」
追跡 記者のノートから 【詳報】東名あおり運転裁判~遺族「家族の幸せを奪った」 被告は無罪主張
追跡 記者のノートから きっかけは1件のツイート 非常電話“8割故障”のわけ
証言 当事者たちの声 北朝鮮帰還事業裁判「苦しみは今も続いている」
証言 当事者たちの声 なぜ彼女は心を燃やし続けられるのか
証言 当事者たちの声 8年8か月と25日生きた勇斗へ~八街児童5人死傷事故
証言 当事者たちの声 2人は一緒に生まれて、一緒に亡くなった
証言 当事者たちの声 あさま山荘事件50年 ~事件は今に何を伝えるのか~
証言 当事者たちの声 「被害者は私の娘、19才」 ~障害者の性被害 立件に大きな壁
追跡 記者のノートから ひとり、都会のバス停で~彼女の死が問いかけるもの
追跡 記者のノートから “兜町の風雲児”の最期

各コーナーはこちらから

日本を代表する大手証券会社で何が~問われる“市場のゲート・キーパー”~ 事件

大手証券会社の幹部が株価を操作したとして逮捕…事件で浮き彫りになったのは、コンプライアンスが形骸化する中不正が疑われる取引が見逃されてきた実態だった。

2022年5月16日

母を亡くした大学生は白バイ隊員になった~関越道バス事故10年

運転手の居眠り運転で高速バスが壁に激突し45人が死傷した事故から10年。母親を亡くした大学生は「小さな違反を見逃さず、事故を未然に防ぎたい」と白バイ隊員になりました。

2022年4月27日

43年ぶりの「横断歩道、手をあげて」~手をあげるだけで大丈夫? 事故

安全に横断歩道を渡るにはどうしたら良いのか。「手をあげて渡りましょう」にちょっとした工夫を加えると、ドライバーとのコミュニケーションがとりやすくなります。その工夫とは?

2021年12月17日

    “7歳”を交通事故から守る「たいせつなことば」 

    1人で行動する機会が増える"7歳"。事故リスクが最も高い年齢ということを知っていますか。その背景や、歩行中に気を付けて欲しいこと、親子で一緒に確認してみてください。

    2022年4月5日