平成元年(1989)ベルリンの壁崩壊

第2次世界大戦後の東西冷戦の象徴だった「ベルリンの壁」。東欧諸国で起きた民主化運動のうねりを受けて撤去されました。2つの国の行き来が自由になった歴史的瞬間を東西両ドイツはもとより、世界が見守りました。