太子党/紅二代とは

高級幹部の子弟グループ

「太子党」とは、中国共産党の高級幹部の子弟グループを指す言葉です。「太子」は中国語で王子、プリンスを意味します。

「太子党」の人たちは、親から受け継いだ特権的な待遇や太いネットワークなどをもとに、大きな影響力を持っていると言われています。ただ、はっきりとした派閥があるわけではなく、同じ境遇でも政治的な志向はそれぞれ異なり、決して一枚岩というわけではありません。

「太子党」の中でも、毛沢東と一緒に革命に参加した党幹部の子弟は「紅二代」と呼ばれ、エリート中のエリートとみなされています。「紅二代」の代表的な人物の1人は、習近平氏で、父親の習仲勲氏は、中華人民共和国の建国に関わり、副首相を務めました。