新型コロナ データ一覧

目次 ※ クリックすると各項目に移動 ※ タップすると各項目に移動

    データから見える国内の感染状況は

    最多更新続く 職場の宴会や若者の飲食など主な要因に

    新型コロナウイルス対策について厚生労働省に助言する専門家の会合が1月13日開かれ、直近の全国の感染状況について「特に東京での急速な増加に伴って、年末から増加傾向が強まり、過去最多の水準の更新が続いている。年明けからは、中京圏や関西圏、北関東、九州でも感染者が急増している」と分析しました。

    医療現場では通常の医療との両立が困難な状況が拡大しつつあり、通常なら受診できる医療を受けることができない事態も起き始めているとしています。

    そしていまの感染拡大の要因について、東京都など大都市圏を中心とする年末からの感染拡大は、職場の宴会や、若者が飲食する場面での感染が主な要因となっているとしています。

    一方で、年明けからの全国的な感染者の急増は帰省による親戚との会食などが要因の一つと考えられるとしながらも、引き続き検討の必要があるとしています。

    日本国内の感染状況

    目次に戻る

    都道府県ごとの感染状況

    東京都の感染状況
    モニタリング項目

    目次に戻る

    街の人出の状況

    目次に戻る

    世界の感染状況