空手 清水希容「最高の演武で金メダルを」

東京オリンピックの新競技、空手の女子「形」で金メダル獲得が期待されている清水希容選手。新型コロナウイルスの影響でオリンピックが延期され、国際大会も相次いで中止が決まり実戦から遠ざかる想定外の事態が続く中、清水選手はみずからを見つめ直す貴重な時間を過ごしています。
(スポーツニュース部 記者 猿渡連太郎)

目次

    勝利への強い思い

    技の正確さやスピードなどを競う空手の「形」。清水選手の演武は、激しい動きの中でも体の軸がほとんどぶれず流れるように美しいのが特徴です。この種目で世界選手権は2連覇、全日本選手権は7連覇しています。

    清水希容選手

    「空手の代表として日の丸を背負っている以上、負けはあってはならない」

    空手発祥の地、日本の女子のエースとして強い責任感と勝利への執着心を抱いています。しかし、2019年は9月に東京で行われた国際大会で優勝したあとは、ライバルのスペインの選手に決勝で敗れ2位にとどまる大会が続きました。

    1か月に1回のペースで開かれる海外での大会に向け、技の強弱や重心の位置など細かな点の修正に1日、長いときには12時間も取り組むほど、これまで以上にみずからを追い込む稽古をこなしました。
    それでも2020年1月、フランスで行われた国際大会で2年ぶりに決勝進出を逃しました。

    清水希容選手

    「悔しいだけでなく、果たして今の自分のままでいいのかなという気持ちがある。オリンピックまで時間は少ないが、自分と向き合いたい」

    珍しく揺れ動く心の内がかいま見えました。

    大会に縛られない稽古

    その後、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で東京オリンピックは来年に延期に。空手の国際大会は中止が相次ぎました。
    不安が募る日々。しかし試合のできない時間が、清水選手にみずからを見つめ直し、空手とじっくり向き合いながら鍛錬する時間をもたらします。

    清水希容選手

    「これまでは試合に追われて、試合に合わせるせっぱ詰まった稽古になってしまっていた。大会がないので、ただ稽古だけに打ち込めて、落ち着いて稽古に取り組むことができている。自分の競技生活の中で初めてと言ってもいいくらい貴重な時間だ」

    感染防止のために外出を控え、稽古は自宅で続けなければならなくなりました。
    そうした中、清水選手は大会で披露する形の稽古ではなく、突きや蹴りなど基本動作の悪い癖を直すことに力を入れました。コーチからはオンラインで指導を受けました。

    最高の演武で金メダル

    空手の初めての実施が決まり、特別な大会と位置づける東京オリンピックまで1年あまり。思いがけず得た貴重な時間を生かし、災い転じて福となすために。
    清水選手は静かに燃えています。

    清水希容選手

    「本番までの時間がつらくはないかと言われれば、その気持ちはゼロとは言えない。ただ、9割以上と言っていいくらい自分が成長できることのほうがうれしい。
    国際大会の中止が続き、ぶっつけ本番になる可能性もあるが、確実に着実に力をつけて、最高の演武で、オリンピックで金メダルを取りたい」

      最新ニュースもっと見る