被害額7億8000万円余か 自動車窃盗グループを検挙

千葉県と茨城県を中心に、高額で取引される種類の車合わせて330台余りを盗むなどしたとして、外国人と日本人の窃盗グループが11日までに検挙されました。被害額は合わせて7億8000万円余りにのぼるとしています。

千葉県佐倉市に住むパキスタン国籍のハシーブ・アブドゥル被告(26)ら、外国人2人と日本人2人のグループは、去年9月、千葉市の住宅から自動車を盗んだなどとして逮捕・起訴されました。

警察が、ほかにも車が盗まれた事件に関わっているとみて捜査を進めた結果、このグループが去年までの4年間に千葉県や茨城県、埼玉県などで合わせて336台の車を盗んだり、盗もうとしたりした疑いがあることがわかり、11日までに追送検しました。

国産のスポーツカーやSUV=多目的スポーツ車など、高値で取り引きされる車種を繰り返し盗んでいたとみられ、被害額はあわせて7億8100万円余りにのぼるということです。

グループは針金でドアの鍵をあけたあと、工具でキーシリンダーを回したり、車の盗難防止機能を解除する「キープログラマー」という特殊な機具を使ったりして、車を盗んでいたとみられ、警察はハンドルロックなどの防犯器具を利用して警戒するよう呼びかけています。