高齢者3人から現金詐取の疑いで逮捕の大学生 不起訴に

ことし4月に石川県内の高齢者3人から現金をだまし取ったとして詐欺の疑いで逮捕された東京の大学生について、検察はいずれも不起訴にしました。

東京の23歳の大学生はことし4月、電話で示談金を要求されていた石川県内の高齢者3人のもとを弁護士を装って訪れ、合わせて700万円をだまし取ったとして3度にわたって詐欺の疑いで逮捕されていました。

逮捕当時の警察の調べに対して「紙袋を受け取って知らない人に渡したが、袋の中に金は入っていない」などと容疑を否認していました。

金沢地方検察庁は捜査を進めた結果、今月3日付けでいずれも不起訴にしました。不起訴の理由は明らかにしていません。

また、同じように弁護士を装って小松市の70代の女性から現金300万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで逮捕されていた17歳の少年については、今月8日付けで金沢家庭裁判所に送りました。