大阪 忠岡町 南海電鉄踏切で電車とトラックが衝突 けが人なし

11日午前、大阪 忠岡町の南海電鉄の踏切で電車とトラックが衝突する事故がありました。警察によりますとこの事故によるけが人はいないということで、事故の詳しい状況を調べています。

11日午前10時すぎ、大阪 忠岡町の南海電鉄の泉大津駅と忠岡駅の間の踏切で「電車がトラックと接触して止まっている」と警察に通報がありました。

警察によりますと、踏切の中で立往生していたトラックと電車が衝突したということです。この事故によるけが人はいませんでした。

南海電鉄によりますと、踏切近くに設置されたカメラには、踏切内に入ったトラックが遮断棒に接触して停車し、そこに電車が衝突する様子が写っていたということです。

警察はトラックの運転手から話を聞くなどして、事故の詳しい状況を調べています。

この事故で南海電鉄は一時、一部の区間で運転を見合わせるなどし、南海電鉄によりますと、合わせておよそ6万人に影響が出たということです。

乗客「警笛の音とともに衝撃」

当時電車に乗っていて、事故のあと泉大津駅まで歩いたという女性は「座って寝ていましたが、大きな警笛の音とともに事故の衝撃で電車が揺れたので、驚いて目が覚めました。窓のすぐ外にトラックがあるのが見えました」と話していました。

現場の踏切の近くに住む男性は「警笛が10秒くらい鳴ったあと、ドンという大きな音が聞こえたので、あわてて様子を見に来ました。家にいても振動が伝わるほどでした」と話していました。