ウクライナ パリ五輪参加選手 夏の五輪では過去最少の140人

ウクライナのオリンピック委員会は、7月開幕するパリオリンピックに参加する選手が男女合わせて140人になると発表しました。ロシアによる軍事侵攻の影響で夏のオリンピックではこれまでで最も少ない人数になるとしています。

ウクライナのオリンピック委員会は10日、7月26日に開幕するパリオリンピックの選手団を発表しました。

297人の選手団のうち、コーチやスタッフを除いた選手は男女合わせて140人で、ロシアによる軍事侵攻の影響で夏のオリンピックではこれまでで最も少ない人数になるとしています。

26の競技に参加する予定で陸上やボクシング、新体操、レスリングなどの個人競技に加え、団体競技ではサッカーに参加するということです。

ウクライナオリンピック委員会は自国の選手に対し、『AIN』と呼ばれる「中立な立場の個人資格の選手」として参加するロシアとその同盟国 ベラルーシ国籍の選手とは競技を除いて接触しないよう勧告しています。