レッドソックス 吉田正尚 ヒット2本で5試合ぶり複数安打

大リーグ、レッドソックスの吉田正尚選手は9日、アスレティックス戦に出場し、タイムリーヒットを含むヒット2本を打って5試合ぶりの複数安打をマークしました。

吉田選手は、本拠地のボストンで行われたアスレティックスとの試合に6番・指名打者で出場しました。

1回の第1打席はレフトフライでしたが、2回の第2打席はチームが6対2とリードを広げなお2アウト一塁三塁から変化球をセンター前に打ち返し、2試合ぶりのヒットとなるタイムリーを打ちました。

このあと2本のホームランが出るなどチームはこの回、大量8点を奪い11対2とリード広げました。

4回の第3打席は低めの変化球をすくい上げた当たりがライトの頭上を越えるツーベースヒットとなり5試合ぶりの複数安打をマークしました。

6回の第4打席はフォアボール、8回の第5打席はデッドボールで吉田選手はこの試合3打数2安打1打点、打率は2割5分9厘に上がりました。

試合はレッドソックスが12対9で勝ちました。