台湾 国防部 多数の中国軍機 台湾周辺で空母「山東」と訓練

台湾の国防部は、10日朝から中国軍の多数の航空機が台湾周辺の空域を経て太平洋上空まで飛行し、空母「山東」とともに訓練を行ったと発表しました。

台湾の国防部によりますと、日本時間の10日午前6時20分ごろから、中国軍の殲16戦闘機、轟6爆撃機、空警500早期警戒管制機、それに無人機など延べ37機の航空機が台湾周辺で活動を始めたのを確認したということです。

このうち延べ36機が、台湾海峡の「中間線」や、その延長線を越えたあと、台湾本島の南から南東側に回り込んで西太平洋の上空まで飛行し、空母「山東」とともに訓練を行ったとしています。

「山東」は、9日朝に沖縄県の宮古島の南東およそ520キロの海上を中国軍のミサイル駆逐艦などとともに航行しているのが、日本の防衛省によって確認されていました。

台湾の国防部は、このところ連日、中国軍の多くの種類の航空機が台湾本島を取り囲むような形で飛行しているのを確認していて、警戒と監視を続けています。