ネットバンキング悪用の不正送金 SNSで実行役募ったか

インターネットバンキングの口座に、他人のIDやパスワードを使って不正にアクセスしたとして、不正送金グループの首謀者とみられる容疑者が逮捕された事件で、容疑者は、すでに逮捕されている9人の実行役をSNSで募り、メンバーは互いに面識がなかったことがわかりました。警察庁サイバー特別捜査部などの合同捜査本部は、グループが被害者の口座情報を不正に入手した経緯についても調べています。

無職の矢野洋平容疑者(44)は、去年1月、他人のIDやパスワードを勝手に使ってインターネットバンキングの口座にアクセスしたとして、不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕されました。

ネットバンキングを悪用した不正送金のグループの首謀者とみられ、合同捜査本部は、これまでに矢野容疑者の指示を受けていたとみれるグループの実行役9人を逮捕しています。

その後の調べで、矢野容疑者は「副業バイト」などと称してSNSで実行役を募り、グループのメンバーは互いに面識がなかったことが捜査関係者への取材でわかりました。

実行役は、
▽口座の残高を確認する役
▽被害者のスマートフォンを乗っ取る役
▽送金先の暗号資産の口座を開設する役など
役割が細分化されていたということです。

ネットバンキングを悪用した不正送金は、去年1年間の被害額が86億円にのぼり、被害が深刻化しています。

グループがどのようにして被害者の口座情報を入手したかはわかっておらず、合同捜査本部は、口座情報の入手経路についても詳しく調べることにしています。