島根 出雲 大雨で県道大きく崩れ 一部地区で住民が孤立状態に

前線の影響で大雨となった島根県出雲市では、県道が大きく崩れ、市は一部の地区で住民が孤立状態になっているとしています。

出雲市では9日、断続的に激しい雨が降り、出雲空港では9日午後7時までの12時間に降った雨の量が200ミリと、統計を取り始めてから最も多くなりました。

出雲市大社町の県道29号では、片側一車線の道路が大きく崩れ車が通れなくなっていて、市によりますと、日御碕地区の住民が孤立状態になっているということです。

地区には235世帯548人が住んでいますが、電気や水道は通っているということです。

また、県道とは別に住民が歩いて通れる道はあるということで、10日朝はその道を歩き、地区から市の中心部に出勤する人の姿もみられました。

日御碕地区に住む男性は、「道路が大きくえぐれていました。ずっと歩いてきたので疲れました」と話していました。

県は今後、本格的に復旧作業を進めることにしていますが、現時点でめどはたっていないということです。

取り残されていたタクシー撤去

崩落した現場では正午ごろ、取り残されていたタクシーの撤去作業が行われ、トラックの荷台に引き上げられました。

タクシー会社によりますと、タクシーは9日夕方、日御碕地区に乗客を送ったあと市街地に向かって運転していた際、直前で道路が崩落していることに気付き、とっさの判断で道路脇に停車したということです。

その後、ドライバーは車の外に出て、けがはなかったということです。

民宿を経営する男性「物資調達が難しい」

日御碕地区で民宿を経営している高橋英明さん(74)は「生活の部分を含めて、物資などの調達が難しくなります。すぐに困ることはないですが、近日中の宿泊予約はキャンセルになるし、影響が長期化する場合はこちらからお断りをしないといけないです」と話していました。

また、高橋さんによりますと、地区にはかかりつけの病院に通うのが難しくなった人もいるということで、生活や健康への影響が懸念されます。

高橋さんは「近年、このような規模の災害はあまりなかったです。道路の復旧を待つしかないです」と話していました。

崩落現場のドローン映像

NHKでは午後1時すぎ、ドローンを使って島根県出雲市にある県道の崩落現場を撮影しました。道路が大きく崩落し、崖下の海に向かう斜面も土がむき出しになっているのが分かります。

また、市が孤立状態にあるとしている日御碕地区の方向にカメラを向けると、住宅とみられる建物が点在しているのも確認できます。

現場は、観光名所として知られる出雲日御碕灯台から直線距離で2キロほど離れた場所です。

医療チーム「DMAT」徒歩で孤立の日御碕地区に

日御碕地区には10日午後3時ごろ、島根県立中央病院などの医師や看護師からなる「DMAT」のチームが徒歩で向かいました。

県立中央病院の医師は「地区には医師がいないので、どのような医療ニーズがあるのか聞きにいく」と話していました。

DMATのチームによりますと、地区に住む人工透析が必要な患者については、すでにドクターヘリで病院に搬送したということです。

一方、出雲市は、地区のホテルなどに取り残されていた観光客のため、マイクロバスを用意し、大勢の観光客が現場近くまで徒歩で移動し、バスに乗り込んでいました。

大阪府から来た20代の女性は「帰れるか不安でした。帰りの飛行機の時間に間に合わないかもしれません」と話していました。

現場を視察した出雲市の飯塚市長は「地区の皆さんが求めているものを把握し、国や県とも協力して、できるだけ早く物資などをスムーズに運べるようにしたい」と話していました。

県道の崩落でとっさの判断 タクシーのドライブレコーダーの映像

NHKは、島根県出雲市で崩落した県道を走行していたタクシーのドライブレコーダーの映像を入手しました。

映像には9日午後6時すぎ、現場に向かってタクシーが走っていたところ、突然、目の前の道路に巨大な“穴”が現れる様子が映っています。

ドライバーの男性は、とっさの判断でハンドルをきって路肩に停車し、間一髪、巻き込まれずにすんだということです。

映像には、男性が会社に無線で連絡し、「道路が陥没している。溝にはまって動けないので助けてもらえないか」と救助を求める音声も記録されていて、切迫した状況がうかがえます。

その後、男性は自力で車の外に避難しましたが、タクシー会社によりますと、車を降りた際には、反対車線も含めて道路が大きく崩落していたということです。