円相場 値下がり

10日の東京外国為替市場、円相場は値下がりしました。

午後5時時点の円相場は9日と比べて58銭、円安ドル高の1ドル=161円49銭から51銭でした。

一方、ユーロに対しては9日と比べて61銭、円安ユーロ高の1ユーロ=174円67銭から71銭でした。

ユーロはドルに対して1ユーロ=1.0816から17ドルでした。

市場関係者は「外国為替市場では、FRB=連邦準備制度理事会のパウエル議長の発言から、日米の金利差が大きく縮まることは当面、ないのではないかとの見方が広がり、円安が進行した。また、東京市場でもアメリカの消費者物価指数が日本時間のあす夜に発表されるのを前に、警戒感からドルを買って、円を売る動きが出た」と話しています。