サッカー男子日本代表 平河悠 英2部リーグに期限付き移籍

パリオリンピックサッカー男子の日本代表で、J1・FC町田ゼルビアの平河悠選手がイングランド2部リーグのブリストルシティーに期限付きで移籍することが決まりました。

これはブリストルシティーが9日、公式ホームページで発表しました。

平河選手は佐賀県出身の23歳。

抜群のスピードを生かしてサイドから相手を抜き去るドリブルが持ち味のフォワードです。

パリオリンピックアジア最終予選を兼ねた23歳以下のアジアカップでは、6試合すべてに出場してチームの優勝に貢献し、今月、パリオリンピックの代表メンバーに選ばれました。

今シーズンは、同じく代表メンバーの藤尾翔太選手などとともに、J1初挑戦で首位につけるゼルビアをけん引してきました。

期限付き移籍の期間は、来年6月末までだということです。

平河選手は「短いサッカー人生の中で自分自身の目標達成のためにどうすべきかを考えた結果、この決断に至った。初めての移籍となるが、必ず活躍してよい報告が日本に届くよう全力で頑張る」とコメントしています。