家庭で育てたすいかの出来栄え競うコンクール 徳島 つるぎ町

家庭で育てたすいかの出来栄えを競う恒例のコンクールが徳島県つるぎ町で開かれました。

このコンクールは、つるぎ町の公民館の「西瓜教室」で栽培方法を学ぶ人たちが、すいかの出来栄えを競うため、毎年、この時期に開かれています。

会場となった町内の道の駅には、64玉のすいかが並べられ、県の美馬農業支援センターと、町の職員が触ったり、食べたりしながら、色や形、それに糖度や食感など、9つの項目で点数を付けて審査しました。

ことしは、梅雨入り後、急に雨の量が増えたうえ、ここ数日の猛暑で実が割れてしまうなど、栽培が難しかったということです。

出品した人たちは、すいかの甘い香りが漂う会場で、審査の様子を見守っていました。

最優秀の徳島県知事賞を受賞した濱田安重さんは「毎日心配しながら、育っていく様子を見守るのが楽しいです。たくさん育てて、たくさんの人に食べてもらいたいです」と話していました。

「西瓜教室」代表の槌谷秀明さんは「いいすいかができるように、皆さん頑張っています。半世紀続くコンクールなので、これからも受け継いで、町をもっと盛り上げたいです」と話していました。