プロ野球6月 月間MVP セ投手部門 広島 大瀬良大地 3回目の受賞

プロ野球の6月の月間MVPが発表され、セ・リーグの投手部門では6月にノーヒットノーランを達成した広島の大瀬良大地投手が3回目の受賞となりました。

大瀬良投手は、6月は4試合に先発して
▽2勝負けなし
▽29回と3分の1を投げて無失点と、
抜群の安定感を見せました。

また、6月7日に行われた交流戦のロッテ戦では、最後までヒットを許さずに129球を投げきって、プロ野球史上90人目、102回目となるノーヒットノーランを達成しました。

大瀬良投手の受賞は2022年の3月、4月以来、3回目となりました。

セ・リーグの打者部門では、DeNAのオースティン選手が、
▽打率3割4分6厘
▽リーグトップにならぶホームラン5本
▽リーグトップの17打点の成績をマークし、
2021年6月以来、3回目の受賞を果たしました。

大瀬良大地 “無安打無失点は投手として誇っていい”

6月の月間MVPに選ばれた広島の大瀬良大地投手は「点を取られなかったことは、投手として誇っていい。コントロールで苦労することが少なくなった」と好調の要因を分析しました。

また、ノーヒットノーランを達成した試合については「的を絞らせないようにできた。三振が2つで、みんなに守ってもらって、チームで達成できた記録ということで、すごくうれしい」と振り返りました。

大瀬良投手は2年ぶり3回目の月間MVP受賞で、「苦しい時も多くあったが、よくなる自分を想像しながらやってきた。夏場にいいピッチングができない部分があるので、なんとか打破して最後までチームに貢献できるよう頑張りたい」と話していました。

オースティン “チームメイトに助けられて受賞”

月間MVPに選ばれたDeNAのオースティン選手は「チームメイトに助けられて、この賞を受賞できたと思っている。毎日試合に出てリズムをつくることができて、それがいい流れとなって今の結果につながっていると思う」と話しました。

そして、「いま打席では、強い打球を打つということを心がけている。1試合1試合、丁寧に戦っていくことが大事だと思っているので、今後も続けていきたい」と話していました。

パ・リーグ 投手部門/打者部門

パ・リーグの投手部門は、ソフトバンクのモイネロ投手が初めての受賞となりました。

モイネロ投手は、6月は4試合に先発して
▽リーグトップに並ぶ3勝
▽リーグトップとなる防御率0.67と、
今シーズン、リリーフから先発に転向し、先発ローテーションの中心としてチームの首位固めに貢献しました。

モイネロ “すごく幸せ 引き続き努力して結果残したい”

初めて月間MVPに選ばれたソフトバンクのモイネロ投手は「とてもうれしく、すごく幸せな気持ちだ。引き続き努力して結果を残したい。健康を維持して、体と腕をケアしながら残りのシーズンも頑張っていきたい」と話しました。

パ・リーグの打者部門もソフトバンクからの選出で、近藤健介選手が去年8月以来、3回目の受賞となりました。

近藤選手は、6月は全試合となる23試合の出場で、5番バッターとして20試合でヒットを打ち、
▽リーグトップの打率4割1分3厘
▽ホームラン7本
▽23打点の成績をマークしました。

ソフトバンクの選手が投打で受賞するのは、2014年7月の、五十嵐亮太投手、内川聖一選手以来、10年ぶりとなりました。

近藤健介 “練習でイメージする打球 試合で打てるように”

3回目の月間MVPに選ばれた近藤健介選手は「先月くらいからバッティング練習でイメージしている打球が試合で多く打てるようになって結果につながった。常に試合を決める1打を打ちたいと思っていて、そういう集中力を持ちながらやっていきたい。チームはいい状態ですが、すきのないプレーで1勝をとりにいくことを大切にしてやっていきたい」と話しました。