カーディナルス ヌートバー 40日ぶりの復帰戦でヒット

左脇腹の痛みのためけが人リスト入りしてた大リーグ、カーディナルスのラーズ・ヌートバー選手が8日、40日ぶりの復帰戦でヒット1本を打ちました。

ヌートバー選手は、5月30日に左脇腹の痛みのため今シーズン2回目のけが人リストに入り調整を続けていましたが、8日にワシントンで行われたナショナルズ戦で40日ぶりに復帰しました。

7番・ライトで先発出場したヌートバー選手は、2回の第1打席は空振り三振だったものの、4回の第2打席で初球のスライダーをセンター前にはじき返して復帰後初ヒットとしました。

その後ヒットは出ず、ヌートバー選手は4打数1安打2三振で、打率は2割3分4厘となりました。

チームは6対0で勝ちました。

ヌートバー選手は「ヒットが出て少し肩の荷が下りたように感じるし、再び野球選手だったと思い出すことができた。戻ってくることができて、わくわくしている」と話していました。