北朝鮮 軍事教育担う代表団のロシア訪問を発表 連携拡大か

北朝鮮は、軍事教育を担う代表団がロシアを訪れると発表し、有事の際の軍事的な支援などを明記した新たな条約を締結したばかりの両国が、軍事分野での連携をさらに拡大させる可能性もあります。

9日付けの北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、朝鮮人民軍で軍事教育を担う幹部からなる代表団がロシアを訪れるため、8日、首都ピョンヤンを出発したと伝えました。

代表団は、キム・イルソン(金日成)軍事総合大学のキム・グムチョル総長が率いるとしていますが、訪問の目的などは明らかにしていません。

ロシアと北朝鮮は先月、有事の際の軍事的な支援などを明記した、包括的戦略パートナーシップ条約を締結したばかりで、条約の締結後、北朝鮮がロシアとの軍事分野の交流を公表するのは初めてです。

北朝鮮はウクライナへの軍事侵攻を続けるロシアに砲弾などを供与し、その見返りに軍事技術やエネルギーなどの支援を求めているとアメリカや韓国は指摘しています。

日米韓の3か国は、ロシアと北朝鮮の軍事協力は国連安全保障理事会の決議に違反するとして非難を続けていますが、両国が軍事分野での連携をさらに拡大させる可能性もあります。

官房長官 “国連安保理決議違反につながる可能性含め注視”

林官房長官は、午後の記者会見で「先日の首脳会談を受けたロシアと北朝鮮の間の動きは、関連する国連安保理決議への違反につながる可能性も含め、重大な関心を持って注視している。引き続き情報の収集・分析を行い、関連の安保理決議の完全な履行も含め、アメリカや韓国をはじめとする国際社会と緊密に連携して対応する」と述べました。